プログラミングスクール プログラミングスクールの基礎知識 プログラミングスクール言語別

HTML とは? HTML5って?HTML コードエラーの対処法も簡単 に解説!

2022年6月13日

  • 「HTMLやHTML5って?なんなの?」
  • 「HTMLとは?初心者向けに簡単に説明してほしい」
  • 「HTML コードエラーどうすれば…」

って思っていませんか?

この記事ではHTMLについて簡単に解説、「独学で挫折する前に」HTMLが学べるおすすめスクールもご紹介します。

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール5選

  • DIVE INTO CODE
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    オリジナルのWebアプリケーションが作れる
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
  • ディラボ
    ・Javaに特化し「未経験が2ヶ月でJavaシルバー資格取得可能」
    ・1期10名しか入れない「ガチの開発エンジニア育成スクール」
    ・平日でも土日でも基本的に質問し放題!
    ・卒業後現場の最前線で活躍できるスキルが身につく
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

HTMLとは?

HTMLとは?
厳密に言えば、HTMLはプログラミング言語ではありません。

 

HTMLとは簡単に説明すると、マークアップ(文章構成の指示)をコンピューターが理解できる形で表した言語のことです。

Webページは、「タグ」と呼ばれる<>で囲まれた指示を何百行もつなげて作られています。

 

タグには数多くの種類があり、文章や画像を表示したり、文字を太くしたり、他のページに移動するハイパーリンクを作ったりと、いろんなことができます。

 

HTMLを学ぶためには、このタグを理解しなくてはいけません。

HTML 5とは?

HTML 5とは?
まず、HMTLに歴史についてさらっと解説します。

 

HTMLの歴史

HTMLのバージョンの歴史は下記の表のようになってます。

HTML2.01995年11月に発表。
HTML Tables1996年5月に発表。
HTML3.2HTML3.0 の規格化が検討されましたがまとまらず…

 

3.2は3.0とは別物。

HTML4.0~4.011997年12月18日
HTML52014年10月28日
HTML5.12016年11月1日
HTML5.22017年12月14日

現在はHTML5

上記の表のようにHTMLは様々な変更を経て最新のHTML5となりました。

 

そして現在の主流はHTML5となります。

 

では、なぜ現在の主流がHTML5なのでしょうか。

 

いろんな理由がありますが、主に3点挙げられます。

HTML5が主流のワケ:ブラウザ間の交互性を高めた

以前のバージョンだと、このブラウザでは思うように表示されるが違うブラウザになってしまうと、レイアウトが崩れてしまったり機能しなくなってしまうことが多々ありました。

 

その状態を、交互性が低い状態と言います。

 

しかしHMTL5ではそのような問題が改善されました。

HTML5が主流のワケ:文章内に埋め込まれた意味が不明確

極端に言えばどこからどこまでは本文なのかがわからない場合が以前のバージョンでしたらありました。

 

なのでHTML5では、数多くの意味的要素が追加されました。

 

要素は簡単に言えば、それぞれに役割を与えている印です。

 

それによって、htmlのどの部分が何を表しているのかがより明確になりました。

HTML5が主流のワケ:より多くの機能が使えるようになった

例えば、以前は同時に複数のファイルのアップロードが出来なかった…

 

今考えると非常に驚きですよね。

 

HTML5ってどんなところで使われている?

HTML5ってどんなところで使われている?

普段、私たちが見ているWebサイトのほとんどはHTMLでできています。

 

いまご覧いただいているプログラミングスクール56万円安くする方法のホームページもそうです。

 

パソコンのブラウザで見ている方は、右クリック→「ページのソースを表示」をクリックしてみてください。よくわからない英語や記号がたくさん並んだ画面が表示されるはずです。

 

この英語の文字たちは「ソースコード」と呼ばれ、普段私たちが見ているWebサイトの設計図のようなものです。

 

ソースコード内には<>で囲まれた「タグ」が無数に配置されており、私たちがサイトを見たときにどのように表示されるかを決めています。

 

このタグを使うことによってただの文字の羅列が「段落」や「見出し」といった意味を持つようになります。

 

HTMLとは、一言で簡単に説明すると「タグを使ってソースコードを書く」言語です。

 

つまり、HTMLを身に付けることができれば、自分でどんなウェブサイトでも作ることができるようになります。

HTMLコードのエラー対処法

プログラミングではエラーがつきものです。

 

HTMLで何かを作成する際に、自分の思ったようにいかない場合に役立つエラーの対処法をご紹介ます。

サイト・ツールを利用する方法

HTMLのエラーに関しては数多くのエラーチェックサイトやツールが用意されているのでその一部をご紹介します。

The W3C Markup Validation Service

W3Cとは、World Wide Web Consortiumの略称でインターネットで使用される技術の標準化を推進するための団体です。

 

W3Cは正しいHTLMソースコードについても勧告しています。

 

サイトに調査したいIRLを入力すると、W3Cが勧告するHTMLソースコードでサイトが作られているかをチェックすることができます。

 

チェックはページ単位で行われ、チェック結果はすぐにわかります。

Another HTML-lint gateway

こちらは日本語サイトになっています。

機能としては1番目と変わりません。

拡張機能を利用する方法

次はgoogle chrom拡張機能を利用した方法をご紹介します。

 

「HTMLエラーチェッカー」という名前の拡張機能です。

 

インストールはこちら↓からできます。

 

HTMLエラーチェッカー

 

こちらの機能もどの箇所に、どれだけのエラーがあるのかをチェックしてくれるので非常に便利です。

HTMLが学べるおすすめスクール!

HTMLが学べるおすすめスクール!
効率よくHTMLを学ぶには、月額19,800円で最新の技術を学び放題のテックキャンプがおすすめです。

 

未経験を対象としたスクールのため、受講期間中はいつでも講師に質問ができ、トレーナーが徹底的にサポートしてくれます。

 

書籍を読んだり、インターネットで資料を探したりして個人で勉強することもできますが、独学では挫折する人が多いです。

 

支えてくれるトレーナーが いるのはうれしいですね。

 

こちらは全国に6教室を構える他、オンラインでも受講が可能で、一度入会すると、以下のコンテンツが全て学び放題です。

  • Webサービス開発
  • デザイン
  • AI(人工知能)入門

※AI入門は対応していない教室もあり(オンライン質問は全国対応)

このうち、「Webサービス開発」ではHTMLのほか、HTMLの見栄えをよくするCSSという言語も同時に学ぶことができ、自分だけのかっこいいウェブサイトを作る勉強ができます。

 

もちろん、「デザイン」や「AI入門」も含めて最新のテクノロジースキルが学べる環境が用意されているため、身につけたいスキルに合わせて学習を進めることができます。

 

デザインも一緒に勉強できれば、よりかっこいいホームページが作れるようになりますね。

 

曜日や対応(オンライン・オフライン)によって質問可能な時間、対応体制は異なりますが、教室は平日は16-22時、土日祝は13-19時で開催しています。

 

夜遅くまで営業しているのは社会人には助かりますね。

 

また、マンツーマンで最適な学習プランを提案してくれるのもうれしいポイント。

 

オンライン・オフライン問わず講師に質問し放題なため、最後まで諦めずにHTMLをしっかり学ぶことができますよ。

HTML とは? HTML5って?HTML コードエラーの対処方も簡単 にまとめ

HTMLとは?HTMLの歴史や、コードエラーが出た場合の対処法など紹介しましたがいかがでしょうか。

 

HTMLを学ぶと、ほとんどのウェブサイトを自分で作れるようになります。

 

独学で一から勉強することも可能ですが、 ほとんどの人は自分一人だけではなかなか続けることができません。

 

定期的に面談を行い、適切な学習内容や学習計画をアドバイスしてくれる講師がいると助かりますよね。

 

学習効率を高めたプログラムをオンラインで学ぶのが、HTMLを勉強するのに最適な方法ではないでしょうか。

 

自分でWebサービスを開発してみたい方や、高い学習効率でスキルを学びたい方はぜひ、テックキャンプでHTMLを勉強してみてはいかがでしょうか。

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール5選

  • DIVE INTO CODE
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    オリジナルのWebアプリケーションが作れる
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
  • ディラボ
    ・Javaに特化し「未経験が2ヶ月でJavaシルバー資格取得可能」
    ・1期10名しか入れない「ガチの開発エンジニア育成スクール」
    ・平日でも土日でも基本的に質問し放題!
    ・卒業後現場の最前線で活躍できるスキルが身につく
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

おすすめ記事一覧

1

35歳のあなたは、   「今更転職してもいい仕事が無い」、「そもそも転職できないよな」、「もっと勉強していい職場に就職しとけば…」   って今の仕事に不満を抱きながら過ごしていませ ...

2

dive into code ってプログラミングスクールが気になってるあなた!   ここであなたが知りたがってるdive into code ことがわかると思います。   この記事 ...

3

IT業界未経験のあなたは、 「エンジニア・プログラマー」に転職してみたい! って思ったときどうしますか?まずネットで調べますよね! ただ、検索するとネット上には 「エンジニア スクール やめ とけ」 ...

4

「どうして、ヒューマンアカデミーのプログラミング講座を調べようと思ったんですか?」   ヒューマンアカデミーで以前に他の講座を受講したから? 先生にすすめられたから? 友人にすすめられたから ...

5

  本記事は、システム開発・運用の基盤を担うインフラエンジニアという職種について解説します。   「インフラエンジニアってどんなタイプが向いてるのか?」 「インフラエンジニアってど ...