※この記事には広告を含む場合があります。

当サイトの記事には、広告として、アフィリエイトプログラムを使用しています。アフィリエイトによって得られた収益は、より質の高い情報を提供するために当サイトの運営費に充てています。

DMMWEBCAMP 評判 プログラミングスクール

【2023年最新のDMM WEBCAMP選考情報】落ちた方から学ぶ合格への近道を全て公開!

「dmm web キャンプ 選考 落ちた」という悩みを抱えているあなたへ。

DMM WEBキャンプの選考は、何か準備をして受ける必要がないといわれていますが、落ちてしまう場合もあります。

しかし、そんなときこそ諦めず、対策を考えましょう。

この記事を読むことで、以下の悩みが解決できます。

解決できる悩み

・DMM WEBキャンプの選考に落ちた原因がわからない

・選考を突破するためにはどのような対策が必要か分からない

・次回の選考で合格するためにどうすればよいかわからない

選考に落ちた経験は誰にでもありますが、次回につながる貴重な経験と捉えましょう。

この記事を読んで、次回の選考に合格するためのヒントを得ましょう。

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール4選

  • DPro(DIVE INTO CODE)
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    ・実務から逆算されたカリキュラムなのでゴールが明確

    オリジナルのWebアプリが作れる
    ・10ヶ月の無償就職サポート
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

DMMWEBキャンプの選考は廃止になったの?

受講形態オンラインまたは通学
受講可能地域全国(オンラインが可能な為)
受講料金169,800円(税込)〜
受講期間4週間〜
学べるプログラミング言語・スキルHTML・CSS・JavaScript・Ruby・Ruby on Rails・MySQL・AWS・Python(専門技術コースのAIを選択した方のみ)
無料カウンセリングあり
運営会社株式会社インフラトップ
公式HPDMM WEBキャンプ

DMM WEBキャンプの選考は以下です。

DMM WEBキャンプの選考

・タイピング

・GitHubを使った選考

・面談

DMM WEBキャンプの選考は、GitHubの利用が必要な一方で、プログラミング未経験者でも安心して臨めるものです。

選考において必要とされるGitHubの利用は、編集作業を行うだけであり、PCの初心者であっても問題ないため、プログラミング未経験でも大丈夫です。

GitHubを使用した選考においては、あなたが編集作業を行うだけでよく、プログラミング経験の有無は関係ありません。

また、その他のタイピングや面談においても同様であり、プログラミング経験がなくても安心して臨めます。

つまり、DMM WEBキャンプの選考においては、GitHubの利用が必要ですが、初心者でも問題なく、プログラミング未経験者でも安心して参加できるものと言えます。

関連記事:DMM WEBCAMPってどんなプログラミングスクール?新規参入者必見の特徴解説!

DMMWEBキャンプの選考は2023年時点では存在します!

DMM WEBキャンプの「学習コース」には選考はありませんが、「エンジニア転職コース」には選考があることを知っておきましょう。

2021年10月にDMM WEBキャンプの選考が廃止になったという情報がありますが、実際には「学習コース」には選考がなく選考があるのは「エンジニア転職コース」です。

「学習コース」には選考がないため、あなたは気軽に受講することができます。

一方、「エンジニア転職コース」には選考があり、履歴書や面接などの選考を通過する必要があります。

したがって、DMM WEBキャンプの選考が廃止になったという情報は、「学習コース」に関するものであり、実際には「エンジニア転職コース」には選考があることを知っておく必要があります。

DMMWEBキャンプはなぜ選考しているのか

DMM WEBキャンプは転職希望者のみを対象としており、選考を通じて受講生を絞ることで、より良いサポートを提供しています。

その結果、受講生の転職成功率は98%と高い実績を残しています。

高い実績が残せる理由

理由1

DMM WEBキャンプは転職希望者に限定している理由として、受講生の転職希望先のレベルが高すぎれば、サポートを提供できない可能性があるためです。

具体例1

たとえば、受講生の転職希望先が一流企業であった場合、それに対応する高度な知識やスキルが必要となります。そのような場合、未経験者やスキルに不安のある人に対して適切なサポートを提供することが困難になる可能性があるため、転職希望者のみを受け入れることで、より質の高いサポートを提供しているのです。

理由2

また、DMM WEBキャンプは受講生の転職実績にも責任を持っており、転職希望者のみを受け入れることで、転職実績に悪影響を与える可能性を回避しています。

具体例2

たとえば、DMM WEBキャンプが未経験者やスキルに不安のある人を受け入れ、その後、転職に失敗した場合、その失敗はDMM WEBキャンプの転職実績にも悪影響を与えることになります。転職希望者のみを受け入れることで、より高い転職実績を残すことができるようになっているのです。

再度結論

以上のように、DMM WEBキャンプは転職希望者のみを対象とし、選考を通じて受講生を絞ることで、より良いサポートを提供しています。その結果、受講生の転職成功率は98%と高い実績を残しています。

DMM WEBキャンプの選考内容は? 

DMM WEBキャンプの選考は、転職コースを受講したい人が受講前に受けるものであり、転職できる可能性のある方のみを受け入れています選考を通じて受講生を絞ることで、より質の高いサポートを提供し、受講生の転職成功率は98%と高い実績を残しています。

選考基準がある理由

理由1

DMM WEBキャンプは転職コースを受講する人の中で、転職が難しいと判断される人を除外するため、選考を実施しています。この理由としては、受講生の転職の難易度によっては、受講料金に見合ったサポートが提供できない可能性があるからです。

具体例1

たとえば、受講生が転職先の企業に求められるスキルが高度である場合、未経験者やスキルに不安のある人に対して適切なサポートを提供することが困難になります。そのような場合、適切な選考を行うことで、受講生の転職成功率を高めることができるのです。

理由2

また、DMM WEBキャンプは、受講生の転職実績にも責任を持っており、転職希望者のみを受け入れることで、転職実績に悪影響を与える可能性を回避しています。

具体例2

たとえば、未経験者やスキルに不安のある人を受け入れた場合、その後、転職に失敗した場合、その失敗はDMM WEBキャンプの転職実績にも悪影響を与えることになります。そのため、選考を実施することで、より高い転職実績を残すことができるようになっているのです。

再度結論

以上のように、DMM WEBキャンプは転職コースを受講する人の中で、転職できる可能性のある方のみを受け入れており、選考を通じて受講生を絞り、より良いサポートを提供しています。

その結果、DMM WEBキャンプ受講生の転職成功率は98%と高い実績を残しています。DMM WEBキャンプは、選考を実施することで、受講生の転職を成功に導き、企業の求める人材として活躍できるようサポートしています。

DMM WEBキャンプの選考コース

DMM WEBキャンプの選考があるコースは2つです。

以下で1つずつ見ていきましょう!

選考があるコース①:DMM WEBキャンプCOMMIT

ー COMMIT短期集中コース ー

コース名DMM WEBキャンプCOMMIT短期集中コース
受講形式オンライン・オフライン
学習期間3ヶ月
学習内容Rubyを主体にWebアプリケーションを1から開発する力を身につける チーム
開発やオリジナルサービスの開発ができる
受講する人最短でエンジニアに転職したい人
料金690,800円
特徴・転職できなかった場合は受講料、全額返金の転職保証付き 
・20日間の全額返金保証つき 
・バッチリ転職サポート付き

注意点:全額返金の転職保証はこのコースのみついています。

ー COMMIT専門技術コース ー

コース名DMM WEBキャンプCOMMIT専門技術コース
受講形式オンライン・オフライン
学習期間4ヶ月
学習内容・Rubyを主体にWebアプリケーションを1から開発する力を身につける 
・チーム開発やオリジナルサービスの開発ができる 
・オリジナルサービスの開発に需要の高い技術(python,AWS)を利用できる
受講する人・専門技術を利用してエンジニアに転職したい人 
・給付金を利用したい人
料金910,800円
特徴・給付金の利用で最大56万円が戻ってくる(実質受講料 340,800円) 
・20日間の全額返金保証つき 
・バッチリ転職サポート付き

注意点:他のコースは給付金支給の対象コースではありません。

選考があるコース②:DMM WEBキャンプPRO

DMM WEBキャンプPROは働きながらエンジニアを目指す方が受講するコー スです。

ー PROコース ー

コース名DMM WEBキャンプPRO
受講形式オンライン
学習期間12週間 or 16週間
学習内容・Rubyを主体にWebアプリケーションを1から開発する力を身につける 
・オリジナルサービスの開発ができる
・AWSやjavascriptの教材も用意されている(自習できる)
受講する人働きながらエンジニア転職を目指したい人
料金624,800円(12週間)、679,800円(16週間)
特徴・最長1年間の転職サポート付き 
・14日間の全額返金保証つき

DMM WEBキャンプの選考内容を分析

具体的に経歴フォームに入力する内容は以下の8項目です。

経歴の記載内容

  • 氏名などの基本的な情報
  • 受講希望コース 
  • エンジニアになりたい理由
  • 学歴(浪人や留年経験まで細かく)
  • 健康状態について 
  • 現職について
  • 過去の転職回数や転職希望地域について
  • 過去の有罪歴について

上記の8項目に入力した内容によって、選考の合否が決まります。

DMM WEBキャンプの選考は、エンジニアになりたい理由をしっかり考える機会にもなります。

過去と比べると、かなり簡易的になり、無料カウンセリングに参加した後なら誰でもすぐに受けることができます。

選考を受けることで、DMM WEBキャンプの受講を悩んでいた方も、実際に無料カウンセリングに参加してみることで、自分に合っているかどうかを判断することができます。

また、選考を受けた後でも、DMM WEBキャンプの受講を検討することができるため、「とりあえず選考まで受けてみよう」という気持ちで受けてみるのも良いでしょう。

DMM WEBキャンプの選考内容が気になる方は、まずは無料カウンセリングに参加してみることをおすすめします。

今すぐ無料カウンセリングに申し込む

選考内容は3種目

DMM WEBキャンプには3つの選考があります。

選考内容

  • タイピングテスト
  • Git Hubの操作テスト
  • 面談

DMM WEBキャンプの選考内容①:タイピングテスト

DMM WEBキャンプの選考には、パソコン操作テストとGitHubの操作テストがあります。

パソコン操作テストは、学習に支障がない程度の文字入力スピードを計測するためのテストです。

パソコンの基本操作に慣れていることが必要であり、文字入力ができない場合はプログラミングの習得に時間がかかってしまう可能性があります。

DMM WEBキャンプの選考内容②:Git Hubの操作テスト

GitHubの操作テストは、GitHubという実務で頻繁に利用されるソースコードの管理ツールの操作テストです。

このテストに合格することで、GitHubを理解し、扱う能力を評価します。

Gitは実務でも頻繁に利用されるため、GitHubの操作に慣れておくことは重要です。

以上のように、DMM WEBキャンプの選考には、パソコン操作テストとGitHubの操作テストがあります。

どちらもプログラミング学習に必要不可欠な能力を評価するテストであるため、しっかりと準備して臨むことが大切です。

 DMM WEBキャンプの選考内容③:面談

あなたがDMM WEBキャンプの面談に参加する場合、学歴や職歴、過去の経験、エンジニア転職の志望動機、プログラミング学習に割ける時間などについて質問されることがあります。

ただし、特にエンジニア転職に向いていない経歴を持っていない限り、ここで大きく評価を下げられることはまずないでしょう。

DMMWEBキャンプの選考に落ちてしまった方に多い特徴

DMM WEBキャンプの選考内容の詳細から、選考に落ちた人の特徴をご紹介 します。

選考に落ちた人の特徴

  • 年齢が30歳以上の方
  • 短期間で転職回数が多い
  • エンジニアへの転職動機が薄い

以下で1つずつ見ていきましょう!

選考に落ちてしまった方の特徴①:年齢が30歳以上だった

年齢を重ねるにつれて転職は難しくなるものですが、プログラミングスクールにおいても同様であり、30歳以上の方は受講できるコースが限られる場合が多いようです。

また、転職コースを受講できるのは30代前半の32歳までという制限を設けているスクールもあります。

DMM WEBキャンプでは、短期集中コースであるCOMMITにおいては転職保証がついていますが、30歳以上の方は基本的に受講が難しいと言われています。

DMM WEBキャンプの選考においては、年齢だけで判断されることはないですが、「年齢は選考において重要な要素である」ということを覚えておいてください。

選考に落ちてしまった方の特徴②:短期間で転職回数が多い

転職しても「また、すぐに辞めてしまうんじゃないのか?」と企業側からの疑念を受けることも考えられます。

そのため、エンジニアになりたい理由をしっかりと持っていることが求められます。

DMM WEBキャンプ側も、「転職回数が多い方を自信を持って紹介できない」というポリシーを掲げているため、転職回数が多い場合は選考の際に厳しい目で見られる可能性があります。

選考に落ちてしまった方の特徴③:エンジニアへの転職動機が薄い

DMM WEBキャンプにおいては、エンジニアになりたい理由がしっかりとあることが求められます。

なぜなら、カリキュラムが非常に濃密であり、エンジニアになるための熱意や意欲がなければ、授業についていくことが困難になるからです

例えば、リモートワークがしたいという理由や、お金を楽に稼ぎたいという動機では、エンジニア転職に向けた真剣な気持ちが感じられません。

そのため、DMM WEBキャンプを受講する際には、「本当にエンジニアになりたいのか?」、「なぜエンジニアになりたいのか?」という点をしっかりと考えることが重要です。

DMM WEBキャンプの選考に落ちてしまった方の体験談

面接で落ちてしまった方の体験談

DMM WEBキャンプの選考において、テストをクリアしたからといって面談で合格する保証はありません。

面談では学歴・職歴・年齢・志望動機やプログラミングに対する思いなど、様々な要素が評価されます。

そのため、十分なスキルを身につけていても、転職可能性が低い場合は面談で不合格になることがあります。

また、態度や熱意なども見られるため、面談においてもしっかりとアピールする必要があります。要注意です。

適正審査で落とされた

DMM WEBCAMPは、適性検査としてタイピングやGitHubなどのテストを設けていたため、ここで得点が低いと落とされる可能性があったということです。

初心者・未経験者を歓迎するプログラミングスクールではありますが、基本レベルのパソコン操作能力・論理的思考力をゼロから鍛える場ではないため、そういった能力を持っていない場合は合格できないことがあります。

経歴が良くても、プログラミング学習に向いていないと判断された場合は受講を断られることがあるので、要注意です。

合否結果が出るまで緊張した

DMM WEBCAMPの選考結果はまだ出ていませんが、Twitter上では、選考についてドキドキ緊張する声が挙がっていることが確認されました。

スキルに自信があっても、経歴面での評価に不安を感じる場合があるためです。

また、「万が一落ちた場合は第一志望を逃したような絶望感がある」というツイートもあり、別のプログラミングスクールに進むことに対するモチベーションの継続について懸念を抱く意見も見られました。

DMM WEBCAMPの選考は、スキル面だけでなく経歴面も重要であるため、不安や緊張感を抱えている方も多いようです。

しかし、選考結果がどうであれ、別のプログラミングスクールで学ぶことも選択肢の一つとして考えていくことが大切です。

関連記事:DMM WEBCAMPの就職先・転職先はホワイト企業が多い?実績を調査

DMMWEBキャンプの悪い評判・口コミ

DMM WEBキャンプについての評判・口コミを紹介します。

このプログラミングスクールは大手で多くの受講者がいます。

そのため、他のプログラミングスクールに比べて多くの評判・口コミがありますが、読むのに時間がかかるかもしれません。

本記事で紹介する評判・口コミはすべて出典があるものなので、信頼性があります。

しかし、DMM WEBキャンプには以下のような悪い評判・口コミがあります。

悪い評判・口コミ

  • 受講してるけど挫折気味
  • チーム開発2日目で1人脱落
  • メンターに教わった部分がエラー

順に紹介します。

受講中だけど挫折気味になっている

DMM WEBキャンプの悪い評判・口コミと言えないかもしれませんが、受講生の「挫折気味」といった声です。

ルキア

悪い口コミで「挫折気味」とありますが実際はどうなのか?

「DMM WEBキャンプの挫折率は驚くほど低い!その理由を徹底解説!」という記事を読んでみてください。

チーム開発2日目ですでに1人脱落した

チーム開発が始まって2日目で1人脱落は不安になりますね。

メンターに教えてもらったところがエラー表示になった

プログラミングにはエラーが付きものですが、DMM WEBキャンプのメンターに教わった部分がエラーになるのは不安になりますね。

DMM WEBキャンプの悪い評判・口コミは以上です。

関連記事:DMMプログラミングスクールの口コミ!評判をチェック

DMMWEBキャンプの良い評判・口コミ

DMM WEBキャンプの良い評判・口コミは以下です。

良い評判・口コミ

  • メンターが優しかった
  • DMM WEBキャンプはコスパは良いと思う
  • あっという間にコーディングができるようになっている
  • 実力は確実につく
  • メンターが良い人+能力が高い

こちらも順に紹介します。

メンターが優しい方だった

https://twitter.com/9516mmm/status/1569651796456673283

メンターが優しいのは助かりますよね。

プログラミングを学ぶならギスギスした環境は避けるべきです。

DMMWEBキャンプはコスパが良い

評判・口コミ

専門実践教育訓練給付金制度を利用して学習しました。コスパはいいと思います。

出典:Google Map

この方のように、DMM WEBキャンプはコースによって専門実践教育訓練給付金制度を利用することが可能です。

教育訓練給付とは、労働者の自発的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が指定する教育訓練を受講した際の、訓練経費の一部を雇用保険により給付するものです。

出典:専門実践教育訓練の指定講座 | 厚生労働省HP

専門実践教育訓練給付金制度を使うと、支払った料金の一部がキャッシュバックされます。

※この制度を使う為には様々な規約に沿う必要がある為、必ず詳細を確認しましょう

コーディングできるようになるまでが早い

HTML/CSSのレスポンシブコーディングを、あっという間に出来るようになっていたという口コミです。

関連記事:キャンペーン・給付金使用で料金比較!転職サポート付最安値プログラミングスクールはどこ?

確実に実力が身に付く

評判・口コミ

3ヶ月コースを受講していました。

スクールだから教えてもらえるという甘い考えだと痛い目を見ます。

自分で計画を立てて進められる方でしたら、実力は確実につくと思います。

転職についてもサポートしてくれますが、なかなか思ったように内定に結びつかないこともあるので、自分で企業を探すのも一つの手かなと思います。

勉強も転職も自走力が問われます!

出典:Google Map

DMM WEBキャンプを受講しているだけでは、実力は付かないかもしれません。

自分自身で考え、勉強時間を捻出し、学習自体も計画性を持って進める必要があります。

メンターの人柄が良く、能力も高い

”DMM WEBキャンプには『メンターが良い人だった』や『カリキュラムに無駄がない』といった、良い口コミが多くあります。

他のプログラミングスクールと同様、悪い評判が多くなる傾向にあるものの、DMM WEBキャンプの評判・口コミは良いものが多く、満足度は高いと言えます。

DMM WEBキャンプの公式HP

1.DMM WEBキャンプ エンジニア転職
全額返金あり・未経験からエンジニア転職を目指す方向き

2.DMM WEBキャンプ 学習コース
料金が安く、プログラミングの知識やスキルを身につけたい方向け。

DMM WEBキャンプの選考に合格するための対策

選考に合格するための対策

  • 20代後半の人は急いで選考を受ける
  • 過去の転職経験はプラスに伝える(マイナスな転職はNG)
  • エンジニアになりたい理由を明確に

対策①:20代後半の人は急いで選考を受ける

あなたが20代後半で転職を考えている場合、時間は短く迷う暇はありません。

企業側も若くてフレッシュな人材を求めていますし、DMM WEBキャンプCOMMITの短期集中コースも基本的に20代までの受講者を対象にしています。

以下のサポートも20代限定となります。

転職保証(転職できなければ、全額返金サービス)

エンジニアに転職するためには、時間がかかります。

現在働いている場合、すぐに仕事を辞めることはできません。

現職を辞めるのに2~3ヶ月、DMM WEBキャンプの受講には最低でも3ヶ月、そして転職活動には2ヶ月ほどかかるため、半年以上の時間が必要です。

20代後半の方は、この時間を逆算して、早めにDMM WEBキャンプの受講を検討しましょう!

対策②:過去の転職経験はプラスに伝える(マイナスな転職はNG)

マイナスな転職の理由を伝える場合、打たれ弱い人と思われてしまうことがあります。ですので、以下のような具体例は避けた方が良いです。

仕事がしんどかった、環境が悪かった

上司との関係が悪かった

仕事に飽きてしまった

あなたが転職をする理由は、自分自身の成長に繋がるためだということを伝えましょう。

これにより、マイナスなイメージを与えずに、プラスの印象を残すことができます。

対策③:エンジニアになりたい理由を明確にする

「エンジニアを目指す理由」が一番重要です。

エンジニアを目指す動機が明確であれば、それは学習や転職活動、そして転職後の職場での原動力になります。

そのため、自分がなぜエンジニアになりたいのかを明確にすることが大切です。

学習の途中で目的が曖昧になってしまった場合、挫折してしまうこともあるでしょう。

また、転職したとしても、同じように思い続けることは難しいかもしれません。

一方で、強い意志を持ってエンジニアになりたいと思っている人や、目的が明確な人は、転職回数などは関係なく、選考を通過することができます。

年齢はどうしても無理なところがあるかもしれませんが、エンジニアを目指す動機が明確であれば、やる気や熱意があれば、年齢や転職回数はあまり関係ありません。

あなたがエンジニアを目指す動機を明確にし、強い意志を持って取り組むことが重要です。

まずは、「無料カウンセリング」で詳しく話を聞いてみましょう!

今すぐ無料で相談してみる

DMM WEBキャンプの選考は無料カウンセリングに参加してからしか受けら れません。

選考を受けるまでの流れは以下です。

選考を受けるまでの流れ

①:DMM WEBキャンプの無料カウンセリングに参加する

 ↓ 

②:送られてくる経歴フォームを入力する(3分で終わる)

   ↓ 

 ③:合否を数日待つ

   ↓ 

④:合格が出たら、申し込みをして、1ヶ月先から受講が開始できる

DMMWEBキャンプを利用するときに注意すること

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)を利用する際の注意点について紹介します。

DMM WEBCAMPには「転職保証つき」「全額返金保証あり」「教育訓練給付金に対応」といった多くのメリットがありますが、これらが適用されるには条件を満たす必要があります。

ですから、注意しておくべき点を以下に説明します。

まず、転職保証が適用されるのは30歳未満の人だけです。

次に、全額返金保証が適用されるのは受講開始後20日以内の場合に限られます

また、教育訓練給付金に対応しているのは専門技術コースのみです。

以上が、DMM WEBCAMPを利用する際に注意しておくべき点です。

注意する点①:転職保証は30歳まで

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)での転職保証は、30歳未満の受講者に限られています。」

この条件を満たす場合、「DMM WEBCAMPエンジニア転職 短期集中コース」もしくは「DMM WEBCAMPエンジニア転職 就業両立コース」を受講し、転職に失敗した場合は受講料の全額を返金してもらえます。

ただし、「DMM WEBCAMPエンジニア転職 専門技術コース」については、この転職保証の対象外となるため注意が必要です。

以上が、DMM WEBCAMP利用時に留意するべき点です。

ルキア

20代で、かつ学んだことをそのままキャリアに直結させたい人であればDMM WEBCAMPの「短期集中コース」か「就業両立コース」の利用がおすすめです。

注意する点②:全額返金保証ができるのは20日以内

DMM WEBCAMPには、契約締結後20日以内であれば全額返金の保証があります

もしも「予想とは違う内容だった」と感じた場合には、この制度を利用してみることをおすすめします。

また、8日以内の申し出であればクーリングオフ期間として学習教材やシステム提供費も含め全額返金してもらえます

ただし、21日以降の場合は、既に発生している受講料と解約手数料5,000円がかかるため、注意してください

そのため、「受講を継続するかどうか判断するには、20日間で判断することが必要です」といえます。

注意する点③:教育訓練給付金制度に対応しているのは専門技術コースのみ

DMM WEBCAMPには、教育訓練給付金の対象となっている「第四次産業革命スキル習得講座」があります。

この講座を修了すると、最大で受講料の70%(56万円)を還付してもらうことができます

ただし、この制度が適用されるのは、「DMM WEBCAMPエンジニア転職 専門技術コース」のみです。

このコースは、AI(機械学習・ディープラーニング)もしくはクラウド(AWSなど)から選択して学ぶ内容を決めることができます。

ですから、自分のニーズに合わせて最適な選択をすることが大切です。

専門技術コースを選択することで、最大で56万円の給付金を受け取ることができ、お得にプログラミングを学ぶことができるでしょう。

ルキア

既にエンジニア経験がありさらにスキルアップしたい人からも評価されており、多様な学習の場があると分かります。

DMMWEBキャンプの各コースの料金

下記の表はDMM WEBキャンプのコースごとの料金です。

DMM WEBキャンプの料金

  1. DMM WEBキャンプ エンジニア転職 専門技術
    ∟910,800円(税込)
  2. DMM WEBキャンプ エンジニア転職 短期集中
    ∟690,800円(税込)
  3. DMM WEBキャンプ エンジニア転職 就業両立
    ∟756,800円(税込)
  4. DMM WEBキャンプ 学習コース
    ∟169,800円(税込)〜

上記を見ると、エンジニア転職の専門技術コースはかなり高額ですよね。

ですが、DMM WEBキャンプ エンジニア転職の専門技術コースは給付金の対象コースです。

DMM WEBキャンプ エンジニア転職の専門技術コースは、910,800円(税込)の費用が必要です。

ただし、教育訓練給付金を利用することで、560,000円が支給され、受講料が350,800円(税込)になります。

ですから、給付金を活用することで、大幅な節約が可能です。

ただし、給付金の支給にはいくつかの注意事項があるため、無料カウンセリングで質問して確認することをおすすめします。

今すぐ無料カウンセリングに申し込む

まとめ:【2023年最新の選考情報】経験者から学ぶ合格への近道を全て公開!

本記事では、DMM WEBキャンプの選考や評判、料金についてご紹介しました。

あなたがDMM WEBキャンプ エンジニア転職コースに興味がある場合、選考を受ける必要がありますが、準備は必要ありません。

選考では、タイピングの練習程度の準備で受験可能です。

さらに、選考ではなく、無料カウンセリングを受けることもできます。

ただし、この無料カウンセリングはいつ終了するか分からないので、興味がある方は早めに受けることをおすすめします。

DMM WEBキャンプの公式HP

  1. DMM WEBキャンプ エンジニア転職
    ∟全額返金あり・未経験からエンジニア転職を目指す方向き。
  2. DMM WEBキャンプ 学習コース
    ∟料金が安く、プログラミングの知識やスキルを身につけたい方向け。