※この記事には広告を含む場合があります。

当サイトの記事には、広告として、アフィリエイトプログラムを使用しています。アフィリエイトによって得られた収益は、より質の高い情報を提供するために当サイトの運営費に充てています。

DMMWEBCAMP 評判 プログラミングスクール

DMM WEBCAMPってどんなプログラミングスクール?新規参入者必見の特徴解説!

「dmm webcampスクールってどんなの?」と思っているあなたへ。

DMM WEBCAMPは、プログラミング初心者でも学べるプログラミングスクールです。

あなたが抱える悩みに対して、以下のような解決策を提供しています。

あなたが抱える悩み

・プログラミングを学ぶ時間がない

・初心者だからスキルが身につかないかもしれない

・転職に成功できるか不安

DMM WEBCAMPでは、これらの悩みを解決するためのサポート体制が整っています。

プログラミング初心者でも、安心して学べる環境を提供しています。

詳しくは、公式サイトをチェックしてみてください。

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール4選

  • DPro(DIVE INTO CODE)
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    ・実務から逆算されたカリキュラムなのでゴールが明確

    オリジナルのWebアプリが作れる
    ・10ヶ月の無償就職サポート
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
    RUNTEQ概要記事はこちら!
    「RUNTEQ口コミ記事はこちら!」
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
    DMM WEBCAMPの概要記事はこちら!
    DMM WEBCAMP口コミ記事はこちら!
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

DMM WEBCAMPはなぜ選ばれるのか、理由は4つあった

DMM WEBCAMPは、様々なニーズに応えたコースを用意していることが特徴です。

また、多くの人から高い評価を受けているプログラミングスクールでもあります。

以下では、DMM WEBCAMPが支持される理由について説明します。

DMM が選ばれる理由

  • チーム開発の学習プログラムがある
  • 教育訓練給付金が出る(条件あり)
  • 全額返金制度がある
  • 転職サポートが受けられる

チーム開発の独自カリキュラムがある

DMM WEBCAMPの転職特化型コースには、「短期集中コース」と「専門技術コース」がありますが、どちらのコースでも「チーム開発」というカリキュラムが設けられています。

このカリキュラムでは、あなたと受講生仲間がチームを組んで、Webサービスの開発を行います。

1人でWebサービスを開発するよりも、チーム開発では綿密なスケジュール管理やコミュニケーションが必要となるため、技術以外の実践的な経験を積むことができます。

また、チームメンバー同士でコードを見せ合い、お互いに指摘し合って技術を高めることもできます。

このように、「チーム開発」のカリキュラムを通じて、独学だけでは経験できない現場での学びができるというメリットがあります。

ぜひ、実践的なスキルを身につけるために、DMM WEBCAMPの転職特化型コースを検討してみてはいかがでしょうか。

教育訓練給付金の対象になってる(条件あり)

DMM WEBCAMPの転職コースの「専門技術コース」は、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象になっています。

条件を満たせば、最大56万円の支給を受けられるため、実質350,800円で受講が可能です。

このため、「金銭的に余裕がない」という方にもおすすめです。

ただし、給付金の受給には条件があります。

記事後半で詳しく解説していますので、あなたが給付金の受給を検討されている場合は、必ず注意点を確認してからお申し込みください。

DMM WEBCAMPの「専門技術コース」を受講することで、よりスキルアップにつながるチャンスを手に入れることができます。

ぜひ、給付金制度の活用も視野に入れて、自己投資を行ってみてはいかがでしょうか。

転職出来なければ全額返金される制度がある

DMM WEBCAMP転職特化型コースの「短期集中コース」と「就業両立コース」には、転職保証制度があります。

この制度により、あなたが転職に成功できなかった場合には受講料が全額返金されるため、安心して利用できます(※規定の条件を満たす必要があります)。

このため、転職保証制度を利用することで、自信を持って学ぶことができるでしょう。

なお、転職保証制度を受けるためには、条件があります。

具体的には、29歳以下の方に限られているという点に注意が必要です。

また、詳細な条件については無料カウンセリング実施時に確認することができます。

DMM WEBCAMPの転職特化型コースは、転職に必要なスキルを短期間で学ぶことができるため、転職を目指している方におすすめです。

さらに、転職保証制度を利用することで、より安心して学ぶことができるでしょう。

専任アドバイザーによる転職成功率の高いサポートが受けられる

DMM WEBCAMP転職特化型コースは、驚異の転職成功率98%を誇り、手厚いサポートが受けられます。
※2022年2月時点で所定の学習および転職活動を履行された方に対する割合

具体的には、以下のようなサポートが受けられます。

DMM WEBCAMPのサポート内容

・転職カウンセリング

・履歴書・職務経歴書の書き方指導

・企業分析・業界分析の指導

・模擬面接

・オンライン求人情報提供

・面接対策

・転職エージェントとの連携

・紹介できる企業は300社以上

DMM WEBCAMPでは、紹介できる企業の数が多いため、あなたの希望に合った転職を実現できる可能性が高いです。

また、プログラミングを学びながら転職活動を支援してもらいたいという方にとっても、DMM WEBCAMPは最適な選択肢と言えるでしょう。

ぜひ、あなたもDMM WEBCAMPを利用して、自分に合った転職を実現してみてはいかがでしょうか。

今すぐ無料カウンセリングで相談する

関連記事:DMMプログラミングスクールの口コミ!評判をチェック

DMM WEB CAMPプログラミングスクールの特徴

チームメンバーで共同開発ができる

DMM WEBCAMPでは、チーム開発の経験を積むことができます。

通常、プログラミングスクールでは1人での開発が多いため、他の人と協力してシステム開発を行う機会は少ないです。

しかし、実際の企業での仕事では、他のチームメンバーと協力して開発を行うことが増えます。

他のプログラミングスクールに比べ、DMM WEBCAMPではチーム開発の経験を積むことができるため、実践の場でのチーム開発に慣れることができます。

これにより、仕事を始めた後にチーム開発に取り組む際にも、スムーズに取り組むことができるようになるでしょう。

ミスマッチを防ぐことで転職成功率は高いが、離職率は低い

DMM WEBCAMPは、転職に成功するためのサポートをしっかりと行っており離職率が低いプログラミングスクールとして有名です。

転職に成功するためには、プログラミングスキルだけでなく、自分に合った職場を見つけることが大切です。

DMM WEBCAMPは、ミスマッチを避けて転職に成功するためのノウハウを持っており、安心して転職活動に取り組むことができます。

自分に合ったプログラミングスクールを選ぶことが難しい場合は、DMM WEBCAMPで相談してみると良いでしょう。

専門実践教育訓練給付金がもらえる

DMM WEBCAMPは、専門実践教育訓練給付制度がもらえる、給付金を受けられるプログラミングスクールです。

この制度は、一定の条件を満たせば、本人が支払った教育訓練経費の半分をハローワークから支給する制度であり、年間40万円で最大3年まで利用できます。

この制度は、プログラミングスクールに通うために財政的な余裕がない人にとって非常に有益であり、DMM WEBCAMPが質の高いプログラミングスクールであることを考慮すれば、他のプログラミングスクールと比較しても優れた点が多いといえます。

今すぐ無料カウンセリングで相談する

学習環境を徹底することで飛躍的な成長ができる

DMM WEBCAMPでは、エンジニアへの転職を全力でサポートするため、以下の3つの学習環境に力を入れています。

いつでも質問し放題

教室には疑問点を解決してくれるメンターが常駐しており、受講中はいつでもメンターに質問できます。

プログラミングは一度つまづくとなかなか解決できないことも多いため、質問しやすい環境が好評です。

また、教室にいない場合でも、Slackというアプリを使ってメンターに質問できるため、疑問解決が早くできます。

自分に合ったスケジュールで学習可能

教室は金曜日を除き、11:00〜22:00の時間帯で営業しています。

そのため、ご自身の生活リズムに合わせて、11:00〜18:00にじっくり勉強することもできますし、バイト終わりに19:00〜22:00に勉強することも可能です。

理解度を高めてくれるメンターの存在

DMM WEBCAMPでは、受講生の満足度を高めるため、メンター教育にも力を入れています。

メンターは、適切な回答だけでなく、受講生がより理解を深めるためのアドバイスを行っています。

教材だけでなく、メンターによる深い理解度への導きも、DMM WEBCAMPの大きな魅力の一つです。

以上のように、DMM WEBCAMPでは受講生がより快適に学習できるよう、多様なサポート体制を整えています。

実務に沿った1ヶ月ごとの短期カリキュラム

DMM WEBCAMPでは実践的なスキルを身につけるため、3ヶ月間の学習カリキュラムが用意されています。

カリキュラムは1ヶ月ごとに内容が変わっていきます。

具体的解説していきます。

1ヶ月目:インプット

オリジナル教材を使い、実務で必要なプログラミングの知識を広くインプットします。

基礎を学ぶための期間となります。

2ヶ月目:チーム開発

他の受講生と共同してECサイトを制作します。

エンジニアの仕事の流れを学び、実務に直結する内容となっています。

チーム開発に取り組むことで、幅広いスキルを磨くことができます。

3ヶ月目:オリジナルサービスの制作

自分が好きなものを一人で開発します。

転職活動の際にポートフォリオに使えるサービスを制作することになります。

企画から設計、開発までの全工程を経験することができ、これまで習得したスキルを総合的に活かすことができます。

もちろん、この期間中もメンターからサポートを受けることができます。

DMM WEBCAMPのカリキュラムは実務に直結する内容で構成されているため、学習を通して実務で必要なスキルを身につけることができます。

また、メンターから質問に答えてもらいながら学ぶことができるため、未経験からでも安心して学習に取り組むことができます。

キャリアアドバイザーが成功に導くマンツーマン転職サポート

DMM WEBCAMPの大きな特徴の一つが、キャリアアドバイザーによるマンツーマンでの転職サポートです。

転職活動には履歴書や面接の対策が必要ですが、自己分析が最も重要な要素となります。

DMM WEBCAMPでは、エンジニアを目指す中で自分がどのように生きていきたいかを考えることができるよう、キャリアアドバイザーがサポートしています。

考えにつまづいた時には親身になって一緒に考えてくれるため、卒業する時には自分の軸となるものが見えるようになります。

自分がやりたいことが明確になった中で転職することで、面接でも好印象を与えることができると多くの卒業生からの声をいただいています。

何より、転職後に生き生きとご活躍されている卒業生が多いため、非常に満足度の高いサポートであるといえます。

卒業生向けのコミュニティ「エンジニアサロン」で情報交換できる

DMM WEBCAMPでは、卒業後も受講生との繋がりを大切にしており、卒業生向けのコミュニティ「エンジニアサロン」を開催しています。

このコミュニティでは、DMM.comでのトークセッションや交流会など、ゲストスピーカーを招いて情報交換ができるだけでなく、キャリアアドバイザーやメンター、卒業生同士が繋がり、新たな出会いや縁をつなぐことができます。

DMM WEBCAMPプログラミングスクールのコース・料金

大学生向け就活対策コース

大学生向け就活対策コースは、エンジニアになりたい大学生向けの学習プランとなっています。

  • 大学1年生から4年生まで受講できる
  • 学割が適用される
  • エンジニア職種のインターン先を紹介してくれる

大学3年生でもプログラミングスキルを身につけられる DMM WEBCAMP には、以下のような特徴があります。

社会人になると学習に時間を割くことが難しくなるため、大学生のうちにスキルアップを図ることをおすすめします。

学割が適用され、お得に学習できる。

インターンシップを通じて実践経験を積むことができる。

卒業後もエンジニアサロンに参加して情報交換ができる。

大学1年・2年時は時間に余裕があるため、1日1時間でも学習することができます。

そのため、半年でカリキュラムを終えることが可能です。

料金や学習内容については、以下の表を参照してください。

コース名大学生向け就活対策コース
学べる言語HTML・CSS、Ruby
学習内容基礎言語の学習・Webアプリケーション構築、オリジナルポートフォリオ作成
受講期間4週間8週間12週間16週間※目安 カリキュラム学習:100時間、課題学習:41時間、ポートフォリオ作成:30~50時間
料金(税込)4週間:月13,500円~8週間:月17,900円~12週間:月22,300円~16週間:月26,700円~
転職保証あり

個別コース

「個別コース」とは、PythonやJava、Webアプリケーションなど、各分野ごとに学ぶことができるコースのことです。

このコースの特徴としては、「あなたが学びたいプログラミング内容だけを選択できる」という点や、「各分野ごとの専門的なプログラミングスキルが学べる」という点が挙げられます。

このコースなら、自分が学びたいプログラミング内容に集中して学習を進めることができます。

例えば、エンジニア転職を目指していなくても、今の仕事でちょっとしたプログラミングスキルが必要といった場合でも、必要な項目だけに絞ってプログラミング学習を進めることができます。

また、Pythonは需要の高いプログラミング言語として注目されているため、プログラマーの方が新たにPythonを学ぶ目的で個別コースを選択する方もいらっしゃいます。

このように、必要な分野だけに絞ってプログラミング学習ができるコースとなっています。

なお、料金や学習内容については、以下の表をご覧ください。

コース名個別コース
学べる言語Python、Java、PHP、HTML・CSS、Ruby
学習内容基礎言語の学習・機会学習(教師あり/教師なし)、AI/データサイエンスの知識、概念の理解※Pythonコースの場合
受講期間4週間8週間12週間16週間
料金(税込)4週間:169,800円8週間:224,800円12週間:279,800円16週間:334,800円
転職保証あり

はじめてのプログラミングコース

「はじめてのプログラミングコース」は、これからプログラミングを始めてみたい方に向けたコースです。

Webプログラミングの基礎的な知識を学び、Webアプリケーションを開発することができます。

他のコースは、自分で大なり小なりプログラミングに触れてきた方が受講することが多いですが、はじめてのプログラミングコースは、完全未経験者に向けてわかりやすいコンテンツを提供しています。

このコースでは、Webサイトの制作を通じてHTML・CSSを使いこなす基礎的な内容から始められます。

プログラミングスキルをどのように活かすかが明確でなくても、とりあえずプログラミングを始めてみたいという方におすすめです。

料金や学習内容は下記の表を参照してください。

コース名はじめてのプログラミングコース
学べる言語HTML・CSS、Ruby
学習内容HTML・CSSでWebサイトの作成、ToDoリストアプリの作成、コンピュータ・Webの仕組みとシステム開発の流れの学習
受講期間4週間8週間12週間16週間
料金(税込)4週間:169,800円8週間:224,800円12週間:279,800円16週間:334,800円
転職保証あり

エンジニア転職コース

DMM WEBCAMPエンジニア転職コースは、エンジニア転職を目指す方を対象としています。

このコースには、以下のような特徴があります。

・ライフスタイルに合わせて選択できるコースがある。

・専門実践教育訓練給付金をもらえるコースがある。

・転職サポートが充実している。

このような特徴があるため、エンジニア転職を考えるあなたにとっては、自分のライフスタイルに合ったコースを選び、プログラミングスキルの向上と転職活動のサポートを受けることができます。

また、短期集中コース、専門技術コース、就業両立コースの3つが用意されているため、それぞれのライフスタイルに合わせたコースが選択可能です。

専門技術コースでは、専門実践教育訓練給付金を受け取ることができるため、通常のコースよりも通いやすい価格帯になっています。

上記のように、エンジニア転職コースは、ライフスタイルに合わせた選択肢や転職サポートが充実しているため、エンジニア転職を考えるあなたにとって最適な学習プランと言えます。

なお、料金や学習内容については、下記の表を参照してください。

コース名エンジニア転職コース(短期集中コース、専門技術コース、就業両立コース)
学べる言語Python、Java、PHP、HTML・CSS、Ruby
学習内容基礎言語の学習・Webアプリケーション構築、オリジナルポートフォリオ作成、自己分析、ヒアリング・求人紹介、書類添削・面接対策
受講期間短期集中コース:設定なし(最短3カ月)専門技術コース:設定なし就業両立コース:設定なし(最長1年のサポート)
料金(税込)短期集中コース:一括 690,800円、分割 15,500円/月~専門技術コース:一括 910,800円(給付金適用時 350,800円)、分割 20,500円/月~就業両立コース:一括 889,350円、分割 37,669円/月~
転職保証あり

今すぐ無料カウンセリングで相談する

DMM WEBCAMPプログラミングスクール各コースの特徴

DMM WEBCAMPには、受講者のニーズやキャリアプランに合わせたカリキュラムが用意されており、転職とスキル取得が目的の人向けコースがあります。

主なカリキュラム内容

  • 転職を考えている人向け
  • スキル取得が目的の人向け

転職を考えている人におすすめのコース

さらに、転職を検討している方向けには、以下の3つのコースに分かれており、あなたが学びたい分野や転職期間などに合わせて選択することができます。

(参考:エンジニア転職コース一覧|DMM WEB CAMP|23年1月時点)

ここからは、各コースの特徴について詳しく解説していきます。

DMM WEBCAMPのコース

最速でエンジニアを目指したい人は「短期集中コース」

最先端技術を学びたい人は「専門技術コース」

仕事を続けながら転職を目指したい人は「就業両立コース」

※料金やキャッシュバック制度の内容は、2023年1月時点の情報です。

最短でエンジニアを目指したい人には「短期集中コース」

短期集中コースに向いている人

未経験からエンジニアを目指したい人

将来のキャリアが不安な人

最短で正社員として転職したい人

「短期集中コース」は最短で3ヶ月でプロのエンジニアを目指せるコースです。

転職保証制度の対象となっているため、29歳以下の方は万が一転職できなかった場合でも全額返金してもらえます。(※規定の条件あり

学習の流れは以下の通りです。

1ヶ月目インプット学習オンライン教材を使用して、プログラミング知識やIT技術の習得を目指す。
就業後に言語が変わっても対応できるよう、実際の開発現場に近い内容を学習していく。
2ケ月目チーム開発実際の開発現場と同様に、生徒同士でチームを組んで開発を行う。
開発工数などのスケジュール策定やコミュニケーションなど、より実践的な内容を体験的に学べる。
3ケ月目個人開発今までの経験を活かし、1人でサービスの企画からリリースまでを行いWeb開発の全工程を経験できる。
成果物はポートフォリオとして転職活動に活かすことも可能。

3ヶ月間で基礎からチーム開発、サービスの企画・リリースまで、転職後に役立つ実践的な経験を積むことができます。

さらに、受講料は月々15,500円から分割払いが可能です。

(引用元:短期集中コース|DMM WEBCAMP|23年1月時点)

もし、短期集中コースに申し込んでみたものの、満足できなかった場合は、契約締結後20日以内であれば全額返金保証があります。

ですので、あなたが短期間でエンジニア転職を実現したい場合は、ぜひ短期集中コースを利用してみることをおすすめします。

最先端技術のスキルを習得して転職したい人は「専門技術コース」

専門技術コースに向いている人

AIやクラウドなどの専門技術を学んでから転職したい人

厚生労働省指定の給付金制度を利用したい人

専門技術コースは、プログラミングの開発技術を学びながら、AIやクラウドなど最先端の技術にも触れることができるコースです。

転職保証制度はありませんが、短期集中コースと同様の転職支援が提供されます。

学習の進め方は以下の通りです。

1ヶ月目インプット学習DMM WEBCAMPの独自の教材を利用して、プログラミングやIT技術について学習する。
また、専門学習においてAIを選択した場合はPythonも学習できる。
2ケ月目チーム開発1ヶ月目に学んだ技術を用いて、チーム開発を行っていく。
実践に近い環境の中で、プログラム技術だけでなくスケジュール管理やコミュニケーション能力などについて学ぶことも可能。
3ケ月目個人開発自分で考えたWebサービスを企画からリリースまでを一人で行う。
作成した成果物はポートフォリオとしても利用可能。
4ケ月目専門技術学習AI教養またはクラウド教養を選択して学習する。

専門技術コースでは、Web開発の基礎を学びつつ、最新のAIやクラウド技術などの専門知識を身に付けることができ、転職活動のサポートも受けられます。

受講料金は、以下の表の通りです。

(引用元:専門技術コース|DMM WEBCAMP|23年1月)

受講される方が満足できなかった場合は、契約締結後20日以内であれば、全額返金保証が適用されます。

専門技術コースの受講料は、通常の定価が910,800円(税込)となりますが、厚生労働省が指定する『専門実践教育訓練給付金制度』に対象となれば、最大560,000円が支給されることから、最終的には実質350,800円(税込)での受講が可能となります。

ルキア

※専門実践教育訓練給付金の受給には条件があるため注意が必要です。

詳しい条件については、記事後半「DMM WEBCAMP受講時の注意点」を参考にしてください。

仕事と転職活動の両立を目指したい人は「就業両立コース」

就業両立コースに向いている人

働きながら転職を目指したい人

自分のペースで学習しながら転職を目指したい人

育児や介護をしながら転職を目指したい人

「就業両立コース」では、半年間かけてじっくりとプログラミング言語やWeb開発を学ぶことができます。

29歳以下の場合、転職保証制度の対象となるため、転職ができなかった場合でも全額返金されるため、安心して受講することができます※ただし、規定の条件があります)。

具体的な学習の流れは以下の通りです。

インプット学習その他の転職特化コースと同様に、独自カリキュラムを通してプログラミング言語を学ぶ。
オンラインで学習を完結させられるため、仕事終わりや育児の合間にコツコツと自分のペースで進められる。
個人開発インプット学習で得た知識や技術を基に、オリジナルのWebサービスを開発していく。
企画からリリースまでを一人で行うため、転職の際のポートフォリオとしても活用できる。

チーム開発のフェーズはなく、個人開発の後にクラウド技術について学ぶことができるのが、他のコースと異なる点です。

受講料は、初回のみ110,000円で、その後は月々分割37,669円から利用可能です。

(参考:就業両立コース|DMM WEBCAMP|23年1月時点

「就業両立コース」では、半年間かけてじっくりプログラミング言語やWeb開発を学べます。

また、他のコースと違いチーム開発のフェーズはありませんが、個人開発の後にクラウドについて学ぶことができます。

受講料は月々分割37,669円から利用可能です。(※初回のみ110,000円

もしも受講後に満足できなかった場合、契約締結後20日以内であれば全額返金保証してもらえます。

育児や仕事と両立しながらITエンジニアを目指したい方には、是非受講を検討してみてください。

今すぐ無料カウンセリングで相談する

プログラミングスキルの取得が目的な人におすすめのコース

転職ではなく、スキル取得が目的の人向けのコースは、複数あります。

(参考:DMM WEBCAMP|23年1月時点

どんな人に向いてる?

・就活目的でプログラミングを学びたい大学生

・副業としてプログラミングを学びたい人

・プログラミングの基本を身に付けたい人

Webデザインや動画クリエイトを学べるコースも用意されているので、目的に合わせて受講可能です。

DMM WEBCAMPプログラミングスクールの人気のコース

この章では、DMM WEBCAMPで人気のコースを3つご紹介します。

・Webアプリケーションコース:SNSやWEBアプリケーションの開発を実践し、Webサービスを実際に公開。

・Webデザインコース:レイアウトや色彩・タイポグラフィ・バナー制作やLP制作の基本的な知識とプロトタイピングの手法を学べる。

・動画クリエイターコース:動画編集スキルだけではなく、「構成→編集→納品」の一連の流れを通して、実践的な動画を制作します。

Webアプリケーションコース

「Webアプリケーションコース」では、基礎からWebアプリケーション開発を学ぶことができます。

また、週2回のメンタリングや毎日15〜23時のチャットサポートが用意されているため、1人では続けるのが難しい方でも短期間でスキルを習得できます。

さらに、このコースで学ぶことができる内容は以下の通りです。

学べる内容

・HTML/CSS:Webページを作成するための言語であるHTML・CSSを学び、Webサイトのコーディングスキルを身につけます。

・Ruby/Ruby on Rails:フレームワークRuby on Railsを使用し、Webアプリケーションの開発スキルを身につけます。

・Git/GitHub:プログラミングしたコードのバージョンを管理するサービス、Git/GitHubを学習します。

・Heroku:Herokuというクラウドサービスを利用し、作成したアプリケーションをインターネット上で公開します。Gitと組み合わせて使うことで、簡単に公開できます。

Webデザインコース

『Webデザインコース』では、WEBデザインに必要な基礎知識から、実際に自分でオリジナルのWEBサイトを作成するまで学べます。

以下に、学べる内容を示します。

学べる内容

・Webデザインの原則:Webデザインをする上で必要となる基礎知識(デザイン4原則、カラースタイル、タイポグラフィ、写真・イメージの扱い)を学習します。

・情報設計:Webサイトにどのような情報を配置しユーザーに見せるか、設計する構造の概念を学習します。

・サイトストラクチャ設計:どこにどのようなページを配置するのか、どんな情報を提供するのか、利用されやすい構造を設計します。

・ナビゲーション設計:ユーザーがサイトを訪問した際、目的を達成するために必要な設計を学習します。

・Photoshop/Illustrator:基礎的な操作方法は、提携しているアドビ社のチュートリアルとDMM WEBCAMPオンデマンドで学習できます。カリキュラム内では実際にツールを使いながら学習し、実践的なツールの使い方を身につけることができます。

動画クリエイターコース

『動画クリエイターコース』は、動画制作を基礎から学べるコースで、動画編集スキルだけでなく、構成や編集、納品といった一連の流れを習得できる実践的なカリキュラムが用意されています。

また、オリジナルの動画制作に必要な工程を実際の案件に近い形で経験することができます。

具体的には以下の内容を学べます。

学べる内容

・Premiere Pro:アドビ社が提供している動画編集ソフトPremiere Proを実務で使う機能を中心に学習します。

・AfterEffects:AffterEffectsの基礎的な使い方と、アニメーションを用いた動画編集を学べます。

・構成書の理解:クライアント要件である構成書を元にした動画編集を実践します。

・動画制作工程の実践:実業務に即した依頼から計画、構成、編集、納品までの知識を学びます。

DMM WEBCAMPの申し込み方法や受講までの流れ

DMM WEBCAMPの申し込みから受講開始までの流れを解説していきます。

1.DMM WEBCAMPの公式サイトにアクセスする

プログラミングスクールに申し込む場合、基本的には公式サイトからの申し込みが必要です。

DMM WEBCAMPの場合は、公式サイトにアクセスして「無料カウンセリングに申し込む」ボタンをクリックし、相談希望日を選択してください。

その後、あなたの氏名やメールアドレス、電話番号、契約するコースを選んで、内容に間違いがないことを確認してから入力情報を送信しましょう。

2.体験カリキュラム説明会動画を視聴する

申し込みが完了しても、まだ手続きは終わっていません。

まずは体験カリキュラム説明会動画を視聴し、選択したコースについて納得できたらオンライン相談を行いましょう。

もし、コースを変更したい場合は、再度申し込み画面に戻ってコースを選択してください。

その後、オンライン相談に進んでください。

3.オンライン相談する

体験カリキュラム説明会動画を視聴した後は、オンライン相談に移りましょう。

オンライン相談では、再度コース選びで問題ないか確認され、具体的な説明が行われ、また今後のキャリア相談まで専属カウンセラーが対応してくれます。

ただし、オンライン相談はスマホでビデオ通話することができず、インターネット環境やパソコンの環境が必要です。

DMM WEBCAMPはパソコンの環境がない方にはあまりおすすめできませんが、パソコンの環境がない方でも利用しやすいプログラミングスクールを検討してみてください。

今すぐ無料カウンセリングで相談する

関連記事:【2023年最新の選考情報】落ちた方から学ぶ合格への近道を全て公開!

DMM WEBCAMPプログラミングスクールのデメリット

DMM WEBCAMPの受講を検討する上では、良い面だけでなくデメリットも把握することが大切です。

以下は、DMM WEBCAMPのデメリットについてまとめたものです。

DMM のデメリット

通学では学ぶことができない

受講料が高い

30歳以降は転職保証の対象外

専門実践教育訓練給付金の受け取りに条件がある

通学では学ぶことができない

DMM WEBCAMPは、教室を持たずに遠隔授業を実施するため、通学して受講することはできません。

そのため、講師に直接質問したり、他の受講生と交流しながら学びたいという方には向いていないと言えます。

受講料が高い

DMM WEBCAMPのデメリットとして、受講料金が高いことが挙げられます。

他のプログラミングスクールに比べて最も安いコースでも高額である点があるため、予算に余裕のない方には不向きと言えます。

ただし、DMM WEBCAMPが用意するカリキュラムや環境は充実しており、個人課題に加えてチーム課題が含まれたり、質問し放題であるなど学習濃度が高いのが特徴です。

ルキア

転職保証が付いているため、もし転職ができなかった場合には全額返金してもらえるので、高額であっても納得感があるかもしれません。

もしITエンジニアとしての転職を希望している場合や、整った環境で学びたいという願望がある場合は、DMM WEBCAMPを検討する価値があるでしょう。

30歳以降は転職保証の対象外

転職保証はDMM WEBCAMPの大きなメリットの1つですが、対象者が年齢制限があるため、29歳以下の方のみが対象となります。

30歳以上になると転職保証の対象外となるため、転職できなかった場合の学費返金が受けられません。

転職保証を受けるには、いくつかの条件を満たす必要があります。

詳細については、無料カウンセリングで確認しましょう。

年齢制限がある点はデメリットですが、転職に失敗しなければ問題ないので、DMM WEBCAMPが提供するサービスを活用して、理想の転職を成功に導きましょう!

専門実践教育訓練給付金の受け取りに条件がある

画像出典:DMM WEBCAMP公式サイト

DMM WEBCAMP専門技術コースは第四次産業革命スキル習得講座に認定され、教育訓練給付金として最大70%が支給されます。

ただし、そのためには一定の条件を満たす必要があります。

具体的には、受講終了後1ヶ月以内にハローワークにて申請すると50%の還付が受けられ、さらに受講修了後1年以内に就職した場合には、追加で20%の還付が受けられます。

専門実践教育訓練給付金制度を初めて受給する場合、以下の条件を満たす必要があります。

1・受給開始までに通算2年以上の雇用保険に加入していること

2・在籍中、または離職後1年以内であること

2回以降の受給の場合には以下の条件を満たしている方のみとなります。

1・前回の受講開始から次の受講開始日まで通算3年以上経過していること

2・雇用保険に加入していること

DMM WEBCAMPプログラミングスクールの6つのメリット

メリット

1・個人・チーム開発の両方を経験できる

2・未経験でも実践的な力が身につくカリキュラム

3・サポート体勢が充実している

4・転職活動に活かせるポートフォリオを制作できる

5・メンターに質問し放題

6・転職成功率が高い

個人・チーム開発の両方を経験できる

DMM WEBCAMPのメリットとして、個人開発だけでなく、チーム開発の経験ができる点が挙げられます。

具体的には、以下のようなスケジュールで学習が進められます。

・1ヶ月目:開発に必要なプログラミング言語を習得

・2ヶ月目:チーム開発でECサイトを作成

・3ヶ月目:ポートフォリオ作成(個人作成)

1ヶ月目で必要な言語を習得し、2ヶ月目にはチーム開発でECサイトを作ります。

時間は限られているため、受講生同士の協力が欠かせません。

各自がコミュニケーションを取り、担当分野を決めて開発を進めます。

実際のエンジニアの現場でもチーム開発はよく行われるため、DMM WEBCAMPでの経験は転職活動時にアピールすることができます。

3ヶ月目では、これまでの学習や経験を生かして、1人でポートフォリオ作成を行います。

企画から設計、開発、リリースまで、個人でWeb開発を行うため、全体の流れを体験することができます。

ポートフォリオは転職活動時にも活用できるため、時間をかけて制作することが大切です。

DMM WEBCAMPでは、個人開発もチーム開発も、3ヶ月間でどちらも経験できる点が大きなメリットとなっています。

未経験でも実践的な力が身につく

DMM WEBCAMPのカリキュラムは未経験者でも分かりやすいという点が、2つ目のメリットです。

DMM WEBCAMPは、未経験者でも学びやすいように独自開発でカリキュラムを改善しており、改善回数は3,000回以上にものぼります。

カリキュラムのわかりやすさだけでなく、実践的な学習も用意されているため、ポートフォリオの制作やチーム開発の経験を通じて実力を身につけることができます。

実際に身につけたスキルを活かして、プログラミングの副業に挑戦するのも良いでしょう。

サポート体勢が充実している

DMM WEBCAMPは、他のスクールとは異なり、メンターに対して質問し放題となっています。

ただし、学習ステージによって質問対応時間が異なるため、すぐに返信が得られない場合もあります。

そのため、オンラインビデオチャットを利用して質問することで、よりスムーズに疑問点を解消することができます。

プログラミング学習においては、自分で解決できないことが多くありますが、DMM WEBCAMPではそうした場面でも効率よくサポートが受けられます。

したがって、DMM WEBCAMPはプログラミング学習において、サポートが手軽に受けられる点で優れていると言えます。

ルキア

DMM WEBCAMP最大のメリットは、プログラミングスキル習得から転職活動まで、サポートが受けられることです。

学習達成後の転職活動において、カウンセラーがあなたに寄り添って自己分析や履歴書、職務経歴書の添削、面接対策などを支援してくれます。

総合的なサポートが受けられるのはDMM WEBCAMPの大きな強みです。

今すぐ無料カウンセリングで相談する

転職活動に活かせるポートフォリオを制作できる

DMM WEBCAMPのカリキュラムは、実践的な内容でオリジナルのWebサイトやWebサービスを制作することができます。

パーソナルメンターによるフィードバックが受けられるため、受講期間中に企画や設計・開発・リリースまでをプロの目線で学ぶことができます。

受講期間中に開発したWebサービスは、個人のポートフォリオとして活用可能であり、転職活動においてアピールすることができます。

メンターに質問し放題

DMM WEBCAMPでは、現役エンジニア・デザイナーであるメンターにいつでも質問可能な学習環境が整っています。

受講期間中は、チャットやビデオ通話などのオンラインツールを利用して、あなたの疑問や質問を迅速に解決することができます。

そのため、学習効率を高めることができます。

転職成功率が高い

DMM WEBCAMPでは、未経験からのエンジニア・デザイナー転職を支援するため、卒業生の転職成功率は98%に達しています。

また、転職活動に必要なポートフォリオ制作や応募書類の添削、面接対策についてはキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、初めての転職でも安心です。

さらに、卒業後もカウンセリングを受けられるので、長期的にキャリアをサポートしてもらえます。

就職先・転職先一覧

関連記事:DMM WEBCAMPの就職先・転職先はホワイト企業が多い?実績を調査

DMM WEBCAMP受講時に2つの注意すべきこととは?

DMM WEBCAMPはおすすめのプログラミングスクールですが、利用する際には注意点もあります。

以下の2点を把握しておくことが大切です。

2つの注意すべき点

1・カリキュラムの難易度が高めに設定されている

2・専門実践教育訓練給付金を受け取るには条件がある

注意点1.カリキュラムの難易度が高めに設定されている

DMM WEBCAMPは、即戦力になることを目標としており、各コースには実践に向けた高難易度なカリキュラムが組まれています。

しかし、その難易度が心配な場合は、初心者向けコースを提供するTech Academyを検討することもできます。

ルキア

予習をして対策するのもおすすめ

カリキュラムについていけるか不安な場合は、事前に予習をしておくのもおすすめです。

「Progate」や「Udemy」では、ITの知識を手軽に学ぶことができるので、ぜひ利用してみてください。

関連記事:「DMM WEBキャンプの挫折率は驚くほど低い!その理由を徹底解説!」

注意点2.専門実践教育訓練給付金を受け取るには条件がある

「専門技術コース」で専門実践教育訓練給付金制度を利用することができますが、給付金を受け取るためにはいくつかの条件があります。

具体的には以下の条件を満たす必要がありますので、あなたが該当するかどうか事前に確認することが大切です。

専門実践教育訓練給付金の支給要件
厚生労働大臣が指定する専門実践教育訓練講座を受講する雇用保険の被保険者として同じ職場で3年間働いている(初めて給付を受ける場合は2年間以上でよく、別の職場の期間も合算可能)離職者の場合は、離職日翌日から1年以内(妊娠、出産、育児、疾病、負傷などで教育訓練給付の適用対象期間が延長された場合は最大20年以内)(参考:厚生労働省

関連記事:キャンペーン・給付金使用で料金比較!転職サポート付最安値プログラミングスクールはどこ?

DMM WEBCAMPで就職や転職に失敗しないための4つの方法とは?

DMM WEBCAMP就職成功率は98%と高いですが、その反面、転職に失敗した人も2%います。

つまり、DMM WEBCAMPに通うだけで安心というわけではありません。

そこで、DMM WEBCAMPに通っても転職に失敗しないために、以下の4つの方法を紹介します。

1・転職サポート・転職保証に頼り過ぎず、能動的にも転職活動する

2・自分のスキルを証明できるポートフォリオを作る

3・キャリアアドバイザーに自分の要望をしっかり伝える

4・スクールの時間以外でも学習内容の習得に時間をかける

転職サポート・転職保証に頼りすぎず、能動的にも転職活動する

DMM WEBCAMPは、転職サポートに力を入れていますが、あまりにも頼りすぎないように注意が必要です。

キャリアカウンセラーによる転職支援や全額返金制度などはありますが、自分自身で積極的な取り組みも必要です。

DMM提携企業の求人紹介はあるものの、希望する企業が見つからない場合は、自分で求人を探し面接に応募することも大切です。

転職活動には自分自身で積極的に取り組み、転職サポートと合わせて最善の方法を見つけましょう。

関連記事:DMM WEBCAMPで学んだ先輩たちが語る 転職失敗 談と成功への秘訣!

自分のスキルを証明できるポートフォリオを作る

エンジニア転職において、スキルが採用の決め手になることが多いため、未経験からエンジニアとして転職する場合、自分のスキルを証明することが必要です。

そのため、ポートフォリオを用いて自身のスキルをアピールすることが重要です。

DMM WEBCAMPのカリキュラムにはポートフォリオ作成が含まれていますが、単に指示通りに作るだけではなく、基礎学習を応用して独自のオリジナリティを出すことが求められます。

ただし、難易度が高すぎると課題提出期間に間に合わなくなるため、適切な難易度で完成させることが大切です。

ルキア

あなたがエンジニア転職を目指す場合、WEB上でよく見る機能を実装したり、外部サービスとの連携やクレジット決済機能の追加など、多彩なスキルを持っていることが求められます。

そのためには、他の転職希望者と差別化を図るため、自分のスキルを十分に発揮したオリジナルなポートフォリオを作成することが大切です。

キャリアアドバイザーに自分の要望をしっかり伝える

DMM WEBCAMPのカリキュラムで学習を終えた後、希望の企業に転職するためには、カウンセラーに自分の要望を伝えることが大切です。

DMM WEBCAMPで紹介された企業が、自分が求めているものと違う場合があるためです。

自分の希望を的確に話して、カウンセラーの紹介企業とのミスマッチを事前に防ぎましょう。

もし、紹介してくれた企業が自分の要望と異なる場合には、はっきりとカウンセラーに伝えるようにしましょう。

カウンセラーが企業を紹介する際には、自己分析中での要望や条件をもとに企業を紹介します。

そのため、自己分析のフェーズで自分の希望条件を話せるように用意しておくと良いでしょう。

エンジニア転職では、以下のような指標で企業を決める方が多いです。

報酬額

稼働日数

求められるスキル

リモートなどの働く環境

新しい言語を使っているか否か

プログラミング業界への未経験者の転職では、わからないことや不安なことが多く出てくるものです。

しかし、遠慮することなくキャリアアドバイザーに質問して解消しましょう。

スクールの時間以外でも学習内容の習得に時間をかける

プログラミング学習は容易ではなく、スキルを習得するまでには相当な時間がかかります。

実際には、プログラミング学習を始めた人の中で、自力で転職に成功した人はわずかな割合にとどまります。

プログラミングスクールに通い始めても、途中で挫折してしまう人もいます。

そこで、成功する人としない人との差は、自分から積極的に学ぶ力にあります。

もちろん、プログラミングスクールは初心者でも理解しやすい教材や学習スケジュールを用意してくれますが、転職や実務に必要なスキルを身につけるためには、あなた自身の努力が必要です。

スクールはあくまで学習のサポートをするものであり、あなた自身がプログラミング学習を計画的に進めることが重要です。

具体的には、根本的な理解を深めた上で学習を進め、復習や応用のための時間も確保することが必要です。

プログラミングスクールに通いたい方は、自ら学ぶ意欲があることを自覚し、自己学習の時間を確保することが重要です。

今すぐ無料カウンセリングで相談する

DMM WEBCAMPプログラミングスクールがおすすめな人

DMM WEBCAMPをおすすめする人は、以下のような特徴を持つ人です。

おすすめな人とは?

・エンジニアに転職したい

・働きながらでも少し時間に余裕を生み出せる人

・エンジニアの副業に取り組みたい

エンジニアに転職したい

DMM WEBCAMPは、環境や学習カリキュラムの高いレベルを誇っているため、「エンジニアに転職したい」と真剣に考えている方におすすめです。

ただし、プログラミングスクールはあくまでもITエンジニアになるための学習支援であり、スクールに通っている時間外でも学習を続けなければ、希望する企業に転職するのは難しいでしょう。

また、学費も決して安くはありませんが、将来の投資として考えることができます。

DMM WEBCAMPの実績は、自己の努力次第で未経験からでもプログラミング業界に転職できることを示しています。

強い意志を持って学び、自身のスキルアップを目指しましょう。

働きながらエンジニアを目指したい

働きながらプログラミング学習を続けることは容易ではありませんが、DMM WEBCAMPでは「就業両立コース」というものがあり、現在の仕事や自身の時間を確保しつつ、ITエンジニアの転職を目指すことができます。

カリキュラムもオンラインで受講できるため、時間や場所に縛られず自分の好きなタイミングで学習できます。

ただし、自分で学習時間を確保する必要があるため、仕事が忙しくて時間が取れない人には向いていません。

働きながら一定の学習時間を確保しつつ、エンジニアを目指したい方にはDMM WEBCAMPがおすすめです。

エンジニアの副業に取り組みたい

エンジニアの副業に興味があるあなたには、DMM WEBCAMPがおすすめです。

エンジニアはリモートでの業務が多いため、副業として働くことも可能です。

スキルさえあれば、本業と両立しながら副業として活躍できるのが魅力です。

ただ、学習には限られた時間しかなく、ハードな部分もあります。

DMM WEBCAMPには現在の仕事と両立しながら学べるコースがあり、6ヶ月でスキルを身につけることができます。

料金は高めで学習期間も長いですが、自分のライフスタイルに合わせて学習を進められる点が魅力的です。

また、DMM WEBCAMPは未経験者から現場レベルのスキルを身につけることができるため、エンジニアの副業を目指す方に特におすすめです。

今すぐ無料カウンセリングで相談する

DMM WEBCAMPに関する【Q&A】

DMM WEBCAMPに関してよくある質問に回答していきます。

DMM WEBCAMPの転職サポートはどんな内容なの?

DMM WEBCAMPでは、あなたのプロフィールや希望条件をもとに求人や企業を紹介してくれます。

そして、気になる企業があれば面接に進むための履歴書や職務経歴書の書き方や面接対策もサポートしてくれます。

さらに、DMM WEBCAMPでは、質の高い求人を厳選して紹介してくれるため、転職に有利な状況を作ることができます。

また、キャリアアドバイザーはエンジニア転職のプロであり、最新の市場価値を基準にあなたの市場価値を教えてくれます。

プログラミングスクールに通う際は、転職サポートが受けられるかどうかも重要なポイントの一つです。

DMM WEBCAMPの転職サポートを受けることで、より有利な状況で転職することができます。

DMM WEBCAMPの転職先にはどんな企業があるの?

DMM WEBCAMPの転職先の企業として以下の企業が例としてあげられます。

株式会社クラウドワークス

株式会社ゲームエイト

合同会社DMM.com

株式会社ドリコム

チームラボ株式会社

など

いくつかの企業について紹介します。

例えば、株式会社クラウドワークスは、日本最大級のクラウドソージングサービスを運営しており、副業やフリーランスの方にとって使いやすいサービスです。

また、株式会社ゲームエイトは、日本最大級のゲーム攻略サイトを運営しており、スマホゲーム利用者の方であれば、"Game8"というサイト名に馴染みがある方も多いでしょう。

そして、合同会社DMM.comは、多岐にわたるオンラインサービスを提供する大企業であり、動画や電子書籍の配信、オンラインゲーム、仮想通貨などのジャンルのコンテンツを取り扱っています。

この企業の全体的な特徴は、IT業界の開発職の求人案件が豊富で、SESの案件が3割、受託開発が4割、事業会社が3割ほどの割合で求人案件があります。

DMM WEBCAMPはどんな人が利用しているの?

DMM WEBCAMPの利用者で、エンジニア転職を目指すのは20代が多いです。

彼らの中には、初めからエンジニアを目指してスキルを身につけるためにDMM WEBCAMPに通う人もいますが、多くの人は自分に合わない企業に就職してしまい、大きく業種を変えてエンジニア転職を考えてプログラミングを始めることがあります。

プログラミングを選ぶ理由としては、将来性が高く、幅広い業界で使えるスキルを身に付けられるからという理由が挙げられます。

もし、あなたがこうした分野に興味がある、挑戦してみたいと思っているのであれば、DMM WEBCAMPを利用してみることをおすすめします。

DMM WEBCAMPの質問対応時間はどれぐらいあるの?

DMM WEBCAMPでは、学習段階によって質問対応時間が異なります。

基礎学習やチーム開発の段階では、休校日以外は13時から22時まで質問可能です。

しかし、ポートフォリオ作成の段階に入ると、以下の時間帯にしか質問に対応してもらえません。

  • 平日 19:00~22:00(祝日もこの時間の質問受付となる)
  • 土日 13;00~22:00

平日と土日で対応時間が異なるため、注意が必要です。

ポートフォリオ作成に着手したら、事前に質問可能な時間を確認してから校舎を訪ねるようにしましょう。

転職保証を受けるためにはテストが必要?

DMM WEBCAMPでは転職保証があるコースがありますが、転職保証を受けるためにはテストに合格する必要があります。

転職保証は一定期間内に内定を獲得できなかった場合に受講料が全額返金される制度であり、98%の受講生が転職に成功していますが、残りの2%の方が転職保証で返金を受けています。

転職に失敗した場合に返金されるため、転職活動にノーリスクで集中できますが、転職保証は誰でも受けられるわけではなく、適性検査に合格する必要があります。

適性検査では経歴を確認され、真面目に努力して転職に挑戦しているかどうかがチェックされます。

真剣に頑張った上で転職に失敗した場合には、転職保証を利用して安心してください。

働きながらでも利用できるって本当?

「就業両立コース」というカリキュラムがあるため、あなたは働きながらでもDMM WEBCAMPで学ぶことが可能です。

挫折する確率は何%ぐらい?

DMM WEBCAMP受講者の98%が転職成功しているということは、2%が挫折するということになりますが、学習意欲があれば挫折することもないでしょう。

また、行き詰まった場合でも相談できる環境が整っているため、安心して学び続けることができます。

さらに、チーム開発など同じ受講者と共に学ぶ機会があるため、お互いに高め合える環境が整っていることもDMM WEBCAMPの魅力の一つです。

学習カリキュラムは難しい?

パソコンに不慣れな方もいるかもしれませんが、DMM WEBCAMPは未経験者向けに開発されたカリキュラムなので、初心者でもスキルを習得することができます。

まとめ

DMM WEBCAMPは、未経験からエンジニアに転職したい方に最適なオンラインプログラミングスクールです。

学びたい人のために用意されたカリキュラムや環境が整っており、テストに合格すると返金保証を受けられるコースも用意されています。

DMM WEBCAMPには、以下のような特徴があります。

・未経験者でも学習可能なカリキュラムが用意されている

・丁寧でわかりやすい講義がある

・学習中のわからないことがあった場合にはいつでも質問ができる環境が整っている

・チーム開発でスキルアップできる

・受講料返金保証がある

DMM WEBCAMPは、将来性が高く幅広い業界で使えるプログラミングスキルを身に付けたい人に最適です。

未経験者向けのカリキュラムや、学習中の質問にすぐに答えてくれるサポート体制が整っており、学びたい気持ちがあれば挫折することはありません。

また、返金保証があるので、安心して転職活動に集中できます。

次の行動としては、DMM WEBCAMPの公式サイトにアクセスして、詳細を確認しましょう。

申し込む前に質問したいことがあれば、無料カウンセリングから相談することも可能です。

DMM WEBCAMPでプログラミングスキルを習得して、夢のエンジニア転職を実現しましょう。

今すぐ無料カウンセリングで相談する