プログラミングスクール プログラミングスクールの基礎知識

初心者・未経験がプログラミングスクール行く前に準備すべきもの

2022年5月13日

「プログラミングでリモートワークの仕事に転職したいんだけど…」って今のご時世思った方も多いのではないでしょうか?

 

ただ中には「プログラミングって何なのかな?」って思ってる人も中にはいたりします。

 

今回は、プログラミング初心者向けに解説していってます。

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール5選

  • DIVE INTO CODE
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    オリジナルのWebアプリケーションが作れる
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
  • ディラボ
    ・Javaに特化し「未経験が2ヶ月でJavaシルバー資格取得可能」
    ・1期10名しか入れない「ガチの開発エンジニア育成スクール」
    ・平日でも土日でも基本的に質問し放題!
    ・卒業後現場の最前線で活躍できるスキルが身につく
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

プログラミングの基礎知識とは?

プログラミング 基礎
プログラミングスクール通う前にプログラミングについての基礎を知ってて損はありません。

 

逆に、正しい手順や方法を知らずに学び始めると、遠回りになったり、挫折したりしてしまうこともありえます。

 

プログラミング初心者が知ってて損はない「基礎知識」は以下の3つ!

  • プログラミングの仕組みを知る
  • プログラミングでできることを知る
  • プログラミングに関する仕事を知る

1つずつ解説していきます。

プログラミングの仕組みとは?

パソコンやスマートフォンといった機器には、すべてコンピューターが組み込まれています。

 

こうしたコンピューターを動かすために、プログラムを記述する作業が「プログラミング」です。

 

プログラムは、いわばコンピューターへの「指示書」です。

 

コンピューターに適切な指示を伝える為には、さまざまな「プログラミング言語」が使われます。

 

要は、人間が使う日本語や英語と同じようなものです。

 

ただし、プログラムは人間が理解できるように、英単語などを組み合わせて記述します。

 

そのため、コンピューターが理解できる「機械語」(0と1だけで表現されるデータ)への変換が必要です。

 

変換方法は、プログラミング言語によって異なります。

 

大きく分けると、事前にプログラム全体を変換する「コンパイラ」、実行時に1行ずつ変換する「インタプリタ」の2種類です。

プログラミングでできることって?

プログラミングを学ぶ目的を決める上で、プログラミングでできることを知る必要があります。

 

プログラミングで開発できるものはたくさんありますますが、代表的なものは以下の6つです。

  • Webアプリ開発
  • スマホアプリ開発
  • AI(人工知能)開発
  • ゲーム開発
  • 業務システム開発
  • 電子機器開発

開発分野によって需要や年収、使われるプログラミング言語は異なります。

プログラミングに関する仕事を知る

プログラミングに関わる仕事をする人は、一番広くいえば「ITエンジニア」です。

 

ただしITエンジニアにも、非常に多くの職種があります。代表例をいくつかご紹介します。

職種主な仕事内容
プログラマー仕様書や設計書をもとに、プログラムを記述する
システム
エンジニア
プログラミングに必要な仕様決定や設計をおこない仕様書や設計書にまとめる
テスト
エンジニア
プログラムやシステム全体の動作・品質に問題がないかテストする
セールス
エンジニア
IT製品を顧客へ売り込む
プロジェクト
マネージャー
システム開発のプロジェクトを管理する

プログラミング初心者の場合、このイメージに最も近いプログラマーを目指すのがおすすめです。

プログラミングが学べる環境を整える

どんなプログラマーを目指すか目標が決まったら、プログラミング学習するための環境作りです。

 

プログラミング学習には、以下の3つが必須となります。

  • パソコン
  • インターネット環境
  • 開発環境

1つずつ順番に解説します。

プログラミング向けのパソコンを用意する

プログラミングにはパソコンが欠かせません。

 

ただし、スペックが低いものだと動作スピードが遅くなることもあります。

 

プログラミングに適したパソコンの用意が必要です。

 

パソコンの購入前には、以下の3つをチェック!!

  • CPU:i5以上
  • メモリ:8GB以上
  • ストレージ:256GB以上(SSDを推奨)

iOSのスマホアプリやmacOSのパソコンアプリを作りたい場合は、Macパソコンが適しています。

 

「Xcode」という便利な開発環境を無料で使用できるためです。

 

それ以外のものを作りたい場合は、国内外トップシェアのWindowsパソコンを選んでおけば間違いありません。

 

自宅以外でも学習したい場合は、ノートパソコンがおすすめです。

 

おすすめPC

1.

 

2.DELL
https://www.dell.com/ja-jp/shop/cty/p...

 

3.HP
https://jp.ext.hp.com/notebooks/perso...
4.

インターネット環境を用意する

プログラミング学習では調べものをしたり、必要なツールをダウンロードしたりすることがあります。

 

よって、快適にプログラミングを学べるインターネット環境も必須です。

 

自宅学習だけなら、「光回線」などの固定回線で問題ありません。

 

自宅外でも学習するなら、セキュリティ性の高いモバイル回線にした方が良いです。

 

自宅外では、「テザリング機能」に対応したスマートフォンを用いて、パソコンをインターネット接続する手もあります。

 

ただしモバイル回線は、容量制限があるのでなので注意が必要

開発環境を用意する

「開発環境」とは、プログラミングのコーディングやプログラムを実行する、システムの開発を行うのに必要なソフトウェアなどのことです。

 

開発環境は言語によって異なり、Pythonを学ぶのであれば、Python用の開発環境を準備する必要があります。

 

初心者には、Cloud9のようなクラウドサービスもおすすめです。

 

ソフトをダウンロードしなくてもWebブラウザ上でコーディングやデバック(動作の確認)などができます。

初心者は独学でプログラミングを習得できるのか

プログラミング 独学

結論から言えば、プログラミング初心者でも、独学での習得はできます。

 

これまで紹介してきたように、最近ではプログラミングを学べる教材が数多く存在し、独学でも習得しやすくなっています。

 

しかし実際には、プログラミングに興味がある人の多くは、スクールの利用を考えています。

 

なぜなら、「確実性の高さ」です。

 

スクールではプログラミング経験の豊富な講師が教えてくれるため、挫折せずに効率よく学べるので。

プログラミングスクールを選ぶ理由

プログラミングスクール 選ぶ
「プログラミングを学ぶ」方法はプログラミングスクールに通う以外にもいくつかの方法が考えられます。

 
  • 本を読む。
  • 無料のインターネットサイトで学ぶ。
  • YouTubeのフリーコンテンツを見て学ぶ。

独学でも十分学べる世の中なのにあえて、
お金を出してプログラミングスクールを選ぶ理由はどこにあるのかまとめてみました。

 

どのプログラミング言語を学べばいいかわかる

参考記事:プログラミング言語の種類について

 

上記の記事でも解説しましたが現在のICT業界で使われているプログラミング言語は数多くあり、各言語は生存競争のまっただなかにあります。

 

いま主流と言われている言語も5年後にはあまり使われないかもしれません。

 

逆に現在はマイナーな言語も将来の主流になるかもしれません。

 

この判断を誤るとせっかく数ヵ月かけて学習しても使い場所がなくて時間もお金も無駄になってしまう悲劇も起こってきそうです。

 

最近のプログラミングスクールでは入学前にカウンセリングを受けられる場所も増えてきました。

 

じぶんの希望や方向性を示した上で現実的な学習に関するアドバイスも受けられます。

 
  • どの言語から学びはじめるか
  • どの順番で学んでいくか

これはプログラミング学習の重要な選択です。

 

この判断をサポートしてくれるのがプログラミングスクールのありがたいところです。

知識の穴をなくしてくれる

独学のむずかしいところは「一度勘違いしたら間違った知識が修正されない」点にあると言われます。

 

本などで学習して「わかったつもり」になっていても本当は穴だらけの知識だったでは社会では通用しません。

 

幸い転・就職できても現場で実際にプログラミングの仕事をした瞬間に能力のなさがバレちゃいます。

 

かなり最悪の展開ですよね。

 

プログラミングスクールの多くは実力判定テストを行っており、

 

「確実にマスターしている部分」「理解力が不足している部分」

 

などがこれにより明示されます。

 

あとは復習により「知識の穴」をふさいでいくだけです。

人材紹介会社などを併設しているスクールもある

プログラミングを仕事にするときに1つの選択肢になるのは人材紹介会社や派遣会社への登録です。

 

一方で人材紹介会社や派遣会社の重要なポイントは優秀な登録者を増やしていく戦略にあります。

 

プログラミングスクールが優秀な人材を育て戦力としてビジネスシーンに送り込むのはリーズナブルな話です。

 

この発想で人材紹介会社や派遣会社を併設しているプログラミングスクールも増えているようです。

 

知識をえられるだけでなく仕事さがしにもつながるのはプログラミングスクールならではといえるかもしれません。

 

現代のプログラミングスクールは顧客奪い合いの競争率が激しくさまざまなシーンで面倒見のよさをアピールしています。

 

頼りにすればするだけ、応えてくれるスクールも増えてきているのも事実です。

プログラミングスクールを選ぶポイントとは?

プログラミングスクール 選び
インターネットで「プログラミングスクール」を検索するとさまざまなタイプのスクールがずらりと並び選択肢がわからない!

 

そんな悩みを持つひとも多いようです。

 

次にプログラミングスクールを選ぶ上で欠かせないポイントについて解説していきます。

コースとレッスンはカスタマイズできるか

プログラミングスクールのカリキュラムを見ると、大きくレディメード型(既製のカリキュラムを学ぶ)オーダーメイド型にわかれるようです。

 

レディメード型はたとえば「1年間プログラミング基礎&Pythonコース」といった設定で順序立ててゴールに向かえるようになっています。

 

トータルな知識を確実にモノにしていくという感じです。

 

ただ、すでに独学などである程度の知識を持っているひとには「知っている内容をまた学ぶ」などのリスクもあるようです。

 

一方のオーダーメイド型は、多数用意された短期コースのなかからじぶんが学びたい内容だけを選んでいく方法です。

 

極端な場合には「VBA基礎1」2時間で1,500円といったレベルまで細分化しているスクールもあります。

 

このオーダーメイド型スクールには一定期間定額で学び放題のところと1アイテムごとに料金が発生するケースがあるようです。

通学制かオンラインか

通学制のスクールでは実際に教室まで出かけていってレッスンを受けます。

 

メリットとしては学習のためにコンピュータなどを用意する必要がない点。

 

集合型のスクールならともに学ぶクラスメートもできるメリットもありそうです。

 

デメリットとしてはどうしても値段が高くなりがちな点多忙なひとには学習中断の危機が大きい点があげられます。

 

通学制のスクールは数多くありますが、2020年5月現在のコロナ事情により多くは休校になりオンラインレッスンに切り替えているところが多いようです。

 

オンラインスクールは自宅のパソコンを利用してZoomを使ったマンツーマン授業や映像授業を受けるスタイルです。

 

自由な時間に受けられるメリットがあるほか比較的低価格で学べる場所が多いようです。

 

デメリットはパソコンやWi-Fiの設備を用意する必要がある点くらいです。

 

すでに自宅にインターネット環境とパソコンが揃っている人にとっては、そこまで大きなデメリットではないと言えます。

カウンセリング体制の充実

オンラインスクールも含めて、多くのスクールではカウンセリング体制の充実をうたっています。

 

しかし実情を見てみると、回数や時間、就職相談までできるかなどの条件はまちまちなようです。

 

一見するとレッスンのオマケのようにも見えるカウンセリングですが、将来を考えると非常に重要になってきます。

 

スクールの資料を資料を見てもわからないときにはカウンセリングの内容を問い合わせてみてください。

挫折せずプログラミングを学ぶならスクールがおすすめ

プログラミングスクール 挫折しない

挫折せずにプログラミングを学ぶなら、やはりスクールを利用するのがおすすめです。

 

わからないことがあっても質問できますし、無駄のないカリキュラムで効率よく学べます。

 

DMM WEBCAMPは、現役エンジニアに「質問し放題」で丁寧に教えてくれるため、独学のように挫折する心配がありません。

 

また、経済産業省認定の高クオリティなカリキュラムなのでプログラミングを身につけて新しい人生を始めたい人は、まずは無料カウンセリングをお試しください。

1分もあれば登録できます

\詳細は下記をチェック/

初心者でも安心サポート体制

今すぐ無料カウンセリングに申し込む

※質問し放題な環境

まとめ

今回は、「プログラミングはじめようかな」って思うあなたが、「プログラミング」についてどんなふうに学べるのかについて解説してきました。

 

プログラミングのスキルを身につけるには、多くの時間がかかります。

 

遠回りしたり挫折したりしないように、学習方法や学習手順などの正しい知識を押さえることが大切です。

 

プログラミングスクールやプログラミングについての解説があなたの少しでも役に立てたら幸いです。

 

javaに特化したプログラミング スクールおすすめ厳選5選!

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール5選

  • DIVE INTO CODE
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    オリジナルのWebアプリケーションが作れる
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
  • ディラボ
    ・Javaに特化し「未経験が2ヶ月でJavaシルバー資格取得可能」
    ・1期10名しか入れない「ガチの開発エンジニア育成スクール」
    ・平日でも土日でも基本的に質問し放題!
    ・卒業後現場の最前線で活躍できるスキルが身につく
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

おすすめ記事一覧

1

35歳のあなたは、   「今更転職してもいい仕事が無い」、「そもそも転職できないよな」、「もっと勉強していい職場に就職しとけば…」   って今の仕事に不満を抱きながら過ごしていませ ...

2

dive into code ってプログラミングスクールが気になってるあなた!   ここであなたが知りたがってるdive into code ことがわかると思います。   この記事 ...

3

IT業界未経験のあなたは、 「エンジニア・プログラマー」に転職してみたい! って思ったときどうしますか?まずネットで調べますよね! ただ、検索するとネット上には 「エンジニア スクール やめ とけ」 ...

4

「どうして、ヒューマンアカデミーのプログラミング講座を調べようと思ったんですか?」   ヒューマンアカデミーで以前に他の講座を受講したから? 先生にすすめられたから? 友人にすすめられたから ...

5

  本記事は、システム開発・運用の基盤を担うインフラエンジニアという職種について解説します。   「インフラエンジニアってどんなタイプが向いてるのか?」 「インフラエンジニアってど ...