プログラミングスクール プログラミングスクールの基礎知識 プログラミングスクール世代別

プログラミングとは?子供にわかりやすく教える方法とは?

2022年6月7日

2020年、ついに小学校でプログラミング教育が必修化となりました。

 

高度なIT人材の不足、論理的思考力の育成……など、さまざまな背景があっての必修化と言われますが、あまりなじみのない方にとっては

 

「そもそもプログラミングって何?」
「子供にプログラミングを分かりやすく教えたいけど、うまい方法が見つからない」

 

と不安になっていませんか?

 

そこで本記事では、「プログラミングとは?」を子供に説明するための具体的な方法、教えるときの注意点などを解説します。

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール5選

  • DIVE INTO CODE
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    オリジナルのWebアプリケーションが作れる
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
  • ディラボ
    ・Javaに特化し「未経験が2ヶ月でJavaシルバー資格取得可能」
    ・1期10名しか入れない「ガチの開発エンジニア育成スクール」
    ・平日でも土日でも基本的に質問し放題!
    ・卒業後現場の最前線で活躍できるスキルが身につく
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

プログラミングとは

プログラミングとは
「プログラミング = Programming」、つまりプログラミングとは、
「プログラム(Program)をする(書く)こと」を意味します。

 

プログラムとは、簡単にいうとコンピュータにさせる処理を、順番に書き出したものです。

 

コンピュータは自分で考えることができません。

 

たとえば、一度も自転車(補助輪ナシ)にのったことない子供に「ペダルこいで!」と言うだけではダメですよね。

 

「まずは右足から力を入れて踏み込んで、次は左足を踏み込む、それを交互に……」と教えてあげなければいけません。

 

「自転車をこぐ」という目的を達成するために、1つ1つの動きを順番に説明する必要があります。

 

これをコンピュータ相手に行うのが「プログラム」です。

 

人間であれば、なんとなく予想して「次はこうすればいいのかな」と動くことができますが、コンピュータには想像する力がありません。

 

一連の動きを厳密に、コンピュータにも読み取れる形で命令する(=プログラムする)必要があるのです。

 

したがって、プログラミングとは、コンピューターにさせたい仕事(処理)を順番に書いていくことなのです。

「プログラミングとは」を子供に説明する方法

「プログラミングとは」を子供

「プログラミングとは」を子供に分かりやすく説明する方法は、以下の4つです。

  • 身近な出来事で例える
  • 絵を描いて説明する
  • 絵本やボードゲームを使う
  • 子供向けのプログラミング教材を使う

1つずつ解説していきます。

 身近な出来事で例える

プログラミングを子供に説明する最も簡単な方法は、身の回りの生活で例えながら教えることでしょう。

 

例えば、「プログラミングとは」を説明するときは、

  • 「運動会」
  • 「時間割」
  • 「料理」など

子供にとって身近で、なおかつプログラムに沿って進行する出来事で例えるのがおすすめです。

 絵を描いて説明する

一生懸命に話して説明するよりも、絵で図解しながら説明した方が、子供の理解度はあがるかもしれませんよ。

※「百聞は一見に如かず」って言葉もありますしね。

 

そのため、説明するのが苦手な方はホワイトボードやタブレット端末のお絵かきアプリなどを使って、子供にも分かる創意工夫を行ってみてください。

絵本やボードゲームを使う

プログラミング的思考を学べる絵本やボードゲームを使うのもおすすめです。

 

絵本やボードゲームは、教材そのものがあれば遊べるので、パソコンをお持ちでないご家庭でもプログラミングを学べます。

 

また、ゲーム感覚で学べるので、子供が続けやすいのも魅力です。

 

プログラミング学習におすすめの絵本・ボードゲームは、こちらの

 

アンプラグドプログラミングとは?最適の教材8選!絵本やボードゲームを紹介

 

で紹介しています。

子供向けのプログラミング学習サービスを使う

パソコンで使えるプログラミング学習サービスを使い、実際に手を動かして体験させるのもおすすめです。

子供向けのプログラミング学習サービスでおすすめなのは以下の3つ。

  • Scratch(スクラッチ)
  • Viscuit(ビスケット)
  • 慣れてきたらRubyなどに挑戦

Scratch(スクラッチ)

<a href=引用元:Scratch(スクラッチ)
Scratchは子供向けに開発されたプログラミング言語で、8歳から16歳が対象。

 

Webブラウザ上で開発ができるため、専用の開発環境を整える必要がなく、オフラインでも開発が出来ます。

 

ScratchEdという専用のコミュニティで開発した作品を公開することが出来、他の人が開発物を見たり、コピーしてさらに自分でアレンジを加えるといったことも可能です。

 

ヘルプなどの学習コンテンツも充実しているため、お父さん・お母さんがプログラミングはよくわからない、という場合でも安心です。

Viscuit(ビスケット)

Viscuit(ビスケット)引用元:Viscuit(ビスケット)
Viscuitでは、動く絵本を作りながらプログラミング学習が可能。

 

開発環境はWebブラウザで、開発した作品は独自URLを使って公開します。

 

説明動画などの学習コンテンツも充実しています。

慣れてきたらRubyなどに挑戦

Ruby引用元:Ruby コミュニティ
Scratchなどを身につけてプログラミングに慣れてきたら、Rubyのような実用的でありながら難易度の低い言語にもチャレンジするのがおすすめです。

 

Rubyはプログラミング言語の中でも学習しやすいため、小学生に扱えない言語ではありません。

 

使えるようになれば自分でWebサイトを作ることも可能で、自分で実際に動くものを作る、という体験を通してプログラミングやものづくりの面白さを学ぶことが出来るでしょう。

 

プログラミングを子供に説明する際の注意点

プログラミングを子供に説明する

プログラミングを子供に説明する際の注意点は以下の4つ。

  • 子供の意思を尊重する
  • 説明は4年生からでよい
  • 難しい言葉を使わない
  • 肯定的な言葉をかける

子供の意思を尊重する

子供がやりたくないことを無理やりやらせるのは、子供の成長において逆効果!!

そのため、子供の意思を尊重し、プログラミングをやりたくないのならば無理に教えないという判断も必要です。

かといって、「親は何もしない方がいい」というわけではなく、子供が助けを求めていたら手を差し伸べたり、提案や選択肢を与えてあげるってことが重要となってきます。

教えるのは4年生からでよい!?

実は、子供にプログラミングを教えるのは4年生くらいでも遅くないんですよ。

 

なぜなら、文部科学省の『小学校プログラミング教育の手引(第三版)』を参照すると、以下のような記述があります。
引用元:小学校プログラミング教育の手引(第三版)

 

つまり、小学校でプログラミングを学習するのは各校で差はあるものの、早くとも3〜4年生くらいだと考えられます。

 

そのため、焦って低学年から教える必要はありません。

難しい言葉を使わない

プログラミングを子供に説明するときは、難しい言葉ではなく、かんたんな言葉になおしたり身近な例を使って分かりやすく説明しましょう。

 

ただし、個人差はあるので、普段からパソコンやスマホに触る機会の多い子供ならば、レベル感に合わせた言葉で教えてあげてもよいでしょう。

肯定的な言葉をかける

命令口調の言葉や否定的な言葉は、子供のやる気を削ぐことにつながります。

 

そのため、プログラミング学習中は「よくできたね!」「もう1回頑張ってみよう!」といった肯定的な言葉をかけてあげましょう。

プログラミングを小学生で学ぶ意味

プログラミングを小学生
次にプログラミングを小学生で学ぶ意味について解説していきます。

ITの基礎知識が身につく

プログラミングは、ITを使いこなすための基礎知識になります。

 

現在は、買い物、お店の予約、調べ物、読書、ゲーム、家計簿や写真の管理など、様々なサービスがインターネットを通して提供されており、それらは全て「プログラミング」によって開発されています。

 

子供のうちからプログラミングを理解できると仕組みがイメージできるので、サービスやツールを目的に応じて使いこなすためのヒントになるでしょう。

プログラミング的思考が身につく

教育機関としては、プログラミング的思考を身につけることを目的としています。

 

実際、文部科学省の『小学校プログラミング教育の手引(第三版)』には、以下のような記述があります。

物事を論理的に考えるための「プログラミング的思考」を小学生のうちに養うことで、子供たちの未来を育むことにつながるかもしれません。

ものづくりの楽しさが分かる

プログラミングを小学生で学ぶ意味として、ものづくりの楽しさを体験できるのは大きいです。

プログラミングでできること・作れるものは、ハードからソフトまで無数にあります。

以下が、その実例です。

  • Web・スマホアプリの開発SNS・地図・乗換案内アプリなど
  • VR(仮想現実)・AR(拡張現実)の開発アミューズメント施設のVR体験など
  • ゲーム開発スマホゲーム・家庭用ゲーム など

また、プログラミングを通してものづくりの楽しさが分かることで、図工や美術などのほかの分野に興味を示すきっかけにもなるでしょう。

大人は習得に時間がかかる

プログラミングとは、一種の外国語のようなもので、少し勉強しただけですぐに使いこなせるわけではありません。

人間同士のコミュニケーションのように、ジェスチャーや雰囲気で伝えるといったことは出来ず、行いたい処理は全て正しい文法・順番で記述しなければなりません。

そのため、子供のうちから学ぶことで、プログラミング言語や論理的思考を身につける時間を短縮できるでしょう。

プログラミングができると、どんなメリットがあるの?

プログラミングができると以下のようなメリットがあります。

プログラミングができるようになるとメリットが3つ

  • コンピュータの活用の幅が広がる!
  • 論理的に思考する習慣がつく
  • 将来の仕事や趣味につながる

コンピュータの活用の幅が広がる!

スマホやタブレットを含め、コンピュータが便利な道具として生活に定着してきました。

 

それとともに、コンピュータに詳しくない人を狙った犯罪やトラブルも多発するようになっています。

 

コンピュータがどのように動いているかわからないと使いこなせませんし、何より気持ち的にも不安になりますよね。

 

「習うより慣れろ」ではありませんが、コンピュータを使いこなすセンスは早めにつけておくに越したことはありません。

 

現代に生まれた子どもたちが、死ぬまでコンピュータと関わらずに生きていくのは不可能じゃないですか。

 

いち早く「コンピュータの世界」の住人になって活用の幅を広げておくことで、人生を豊かに、楽しく生きていけると思いませんか。

論理的に思考する習慣がつく

文部科学省がプログラミング教育の必修化を決めた「新学習指導要領」によると、『プログラミング的思考』はつぎのように定義されています。

自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力

(引用)小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について(議論の取りまとめ)

プログラミングといえば、なんだか難しい画面に英語や数字がいっぱい……といったイメージを持つ方もいますよね。

 

もちろん、それも間違いではありません。

 

しかし、プログラミング教育必修化のねらいは、パソコンをもくもくと触らせるためではありません。

 

プログラミングする際に欠かせないのは、物事のしくみを理解し、順序立てて考えていく姿勢。

 

これを『プログラミング的思考』と呼び、この思考法を身につけさせるために必修化が行われるのです。

 

プログラミングの「考え方」の学習によって論理的にモノをとらえる力を得る。それがプログラミング教育必修化の最大の目的なのです。

将来の仕事や趣味につながる

近年、日本のビジネス社会ではIT人材の不足が叫ばれています。

 

国内のWebビジネスだけを例にとっても、市場規模は2010年の10兆円から2020年には47兆円と約4.7倍に拡大しています。

 

また、国内企業のシステムの総入れ替えが必要となるいわゆる「2025年の壁」が近づいている事情もあります。

 

こうしたなかで、大学新卒でもICT人材に年収700万円以上を提示する企業が現れています。

 

プログラミングスキルを持ち、ビジネスをまとめ上げていくIT人材へのニーズは拡大していくでしょう。

 

もちろん、子ども達が大人になった時点でのビジネスの現場は変わっているでしょうし、小中学校から「将来の職業」を考えるのは早すぎるという人もいるかもしれません。

 

しかし、将来の夢に「YouTuber」や「ゲームクリエイター」がランクインするようになった現在ですから、早いうちからITスキルを身につけさせるのは子どもにとってもプラスではないでしょうか?

 

プログラミングが趣味になれば、スマートフォンのアプリを自分で開発するなど、ちょっとした副業が出来てしまうかもしれません。

プログラミングを生かした職業とは?

プログラミングを生かした職業
お父さん、お母さんにとって、

 

「子どもに将来苦労して欲しくない」

 

って考えちゃいますよね。

 

論理的思考方が大切なのは分かったけど、具体的にどういう仕事があるの?

 

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 

ここでは、プログラミングスキルが活かせる職業例を紹介します。

プログラマー:人間の言葉をプログラミング言語を使ってコンピュータを動かす人

プログラマーとは、プログラミング言語を使いこなし、さまざまなサービスや製品の「中身」を動かす職業のことです。

 

ひとくちに「プログラムを書く」といっても、書く人によって効率の良さは大きく変わります。
作りたいサービス、製品のことを考えながらどの手順が適切か考え(アルゴリズムといいます)、コンピュータに命令(プログラム)して動かしていくのが仕事です。

 

同じ機械を使っても、動作速度や安定性はプログラマーの技術と発想により大きく変わる、まさにプロフェッショナルです。

エンジニア:システムを企画して、部分から大きな全体をつくる

現在のコンピュータシステムは、規模が非常に大きくなり、たった1人のプログラマーで企画からプログラミングまで行うのはほぼ不可能になっています。

 

ときには数百人のプログラマーが1つのシステムのために働く場合も少なくありません。

 

そこで必要となるのは、プロジェクトのまとめ役となるシステムエンジニアです。

 

全体システムの設計にもとづいて、プログラマーのグループ、さらには個々のプログラマーへの作業の割り振りを行っていきます。

 

人員・予算・工程の管理により完成度の高いシステムづくりをコントロールしていきます。

 

多くの企業では、プログラマーからシステムエンジニアへとステップアップしていくキャリアプランを実施しています。

データサイエンティスト:ビックデータを扱う統計と数学のスペシャリスト

10年前にはほとんど名前も聞いたこともなかったデータサイエンティストという仕事。

 

現在では注目され、高収入も得られる職種になっています。

 

背景にあるのは、ビッグデータとAIによる社会分析が大きく注目されている現状。

 

たとえば、高速道路を走る全車両の動きを収集して、今後の混雑状況を予測する場合、データからどんな結果を読み取るか、データの意味を熟知して、AIの判断をサポートしていく役割の人が必要になります。

 

これがデータサイエンティストの仕事で、ビッグデータ・AIの知識だけでなく、数学や統計学の考え方を熟知している知識と洞察力が求められます。

 

これだけ幅広い専門知識を持っている人材は限られているため、高収入に結びつきます。

Webデザイナー:Webサイトを企画・デザインする

データサイエンティストがコンピュータの知識+数学・統計学のスペシャリストなら、Webデザイナーはクリエイティブ&デザインセンスが求められる仕事といえます。

 

情報サイト、ニュースサイト、ショッピングサイトなど、さまざまなインターネット上のWebサイトの企画から関わり、HTML/CSS、JavaScriptなどを用い、実際の動きをコンピュータに命令します。

 

「いかに便利に使ってもらえるサービスにするか」など実用面での合理性・効率性を実現する力に加え、パッと見ておしゃれ、かっこいい、未来的な印象に仕上げるなど、デザインセンスも問われる仕事です。

プログラミング=稼げるって本当なの?

プログラミング=稼げるって本当なの?
プログラミングは稼げる仕事か?と問われると、答えはイエスでもあり、ノーでもあります。

 

ひとくちにプログラミングといっても、さまざまな種類があります。

 

指示に従って限りなく単純作業に近いコーディングを行っているだけでは、高収入はむずかしいでしょう。

 

しかし、世界中のだれも生み出せなかったプログラムやビジネスモデルを生み出せるプログラマーなら億万長者になるのも夢ではありません。

 

とくに最近はIT人材が稼げる世の中になってきています。

IT人材が不足している

社会のいたるところでIT化が進んでいるなかで、優秀なプログラマー、データサイエンティスト、Webデザイナーなどの人材は常に不足するビジネス環境にあります。

 

現在、AIによる自動プログラミングの研究は進められていますが、着想・創造・企画する部分に関しては、今後も人間の知恵が必要です。

就職・転職の条件がよい

これまでの「仕事」のイメージでは、転職=マイナス評価に結びつくケースが多かったかもしれません。

 

しかし、IT業界では事情が異なります。ある領域で一定の経験を積んだ人材なら、前職の経験もキャリアとして評価し、より高い給与で迎える企業も珍しくありません。

 

実力さえあれば、自分の意思で職場も選べる。それがIT人材の強みなのです。

外資系の企業で高給与獲得できる道も

GAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)に代表される多国籍企業を中心に、現在では国境を越え、さまざまな国籍の人材が一つのチームを組むようになっています。

 

待遇を決めるのはひとえに実力。じぶんにしかできない技術と発想で、企業で働きながら高給与をえている人も数多くいます。

海外で働く人もいる

現在主流のPython、JavaScriptをはじめプログラミング言語は世界共通。

 

国内で教育を受けた人材でも海外企業で問題なく働けます。

 

とくに、インターナショナルなソフトウェア開発企業にはローカライズ(日本版の作成)と呼ばれる仕事もあり、日本で生まれた多くの人が、海外を職場に選んでいます。

プログラミングを学ぶには?

プログラミングを学ぶには?
では、プログラミングを学ぶにはどんな手段があるのでしょうか?
ここでは主な方法を紹介し、それぞれのメリット・デメリットをまとめます。

市販の本で学ぶ

大きな書店に行けば「プログラミング入門」などのマニュアル本が並んでいます。

 

だいたい2,000~3,000円代で買えるため、手軽に独学できるのが特長です。

 

自分のペースで学習できるのが大きなメリットである一方で、質問をぶつける指導者がないために疑問点が解消されず、むずかしい部分になると挫折しやすいなどのデメリットもあります。

 

また、「入門」とタイトルされていても、レベルにはかなりの差があるので、書店でじっくり比較してみるのがいいでしょう。

 

教室に通いながら、サブテキストとして使っている方もいます。

オンラインで情報を検索する

ネットを検索すると、驚くほどに多くの無料コンテンツがあります。

 

辛抱強く情報を探していけば、まったく無料でプログラミングをマスターすることも不可能ではありません。

 

とはいうものの、遊びで学ぶレベルはともかく、本格的なプログラミングを学ぼうとすると体系的な知識を得るのがむずかしく、途中で挫折してしまう場合が多いようです。

 

一方で、ある程度の基礎をえたあとで、疑問点を確認するためには、これほど役に立つツールはないともいえます。

プログラミング教室に通う

子ども向けの教室から、就職準備やプロが知識を補強するための教室まで、プログラミング教室は急速に増えています。

 

学校と同じく先生から教えてもらえるので、わからない部分はすぐに質問できるのが最大のメリット

 

一緒に学ぶ人たちがおり、友だちやライバルができる点も学習継続のモチベーションにつながります。

 

とはいえ、授業料が高くなりやすいのはデメリット

 

月に数千円〜2万円くらいかかるケースも多いため、負担に感じる方も多いでしょう。

 

また、地方では「そもそも教室がない!」なんて不便さを感じる場合もあるようです。

おすすめプログラミングスクールは?

ここでは、実際に「プログラミングスクール最大56万円安くする方法」からの申し込みが多いスクールを紹介します。

TechAcademy

大人向けプログラミングスクールのTechAcademy(テックアカデミー)はオンラインブートキャンプ(短期集中コース)が有名なスクール。

 

ブートキャンプだけでも22種類のコースがあり、初心者でも安心の「はじめてのプログラミングコース」、Webサイト制作には必須な「WordPressコース」、話題のAIプログラミングを学べる「はじめてのAIコース」などバリエーション豊かです。

 

中でも人気なプランが「ブートキャンプ12コースウケ放題」や転職保証のついた「TechAcademyPro」

 

教養レベル、副業レベル、即戦力レベル……とそれぞれの希望に応じたコース・プランが用意されており、大体の目的はカバーできるスクールと言えるでしょう。

 

オンラインでは挫折しそう……という人も大丈夫。

 

TechAcademyでは受講者ひとりひとりにメンター(講師)がつき、週に2回、オンラインでの1対1面談が行われます。

 

分からないところはチャットサポートも受けられるので安心。

 

不安なポイントは先生に相談しつつ、できるところは自力で頑張る姿勢が養われます。

1分もあれば登録できます

※日本e-Learning大賞を受賞!

CodeCamp

CodeCampは現役エンジニアによるオンライン家庭教師スタイルのプログラミングスクール。

 

まるで家庭教師のように1対1(マンツーマン)で講師と向かい合いながら授業を受けられます。

 

独学だけでは、自分の書いたコード(プログラム)が正しいのか、そして効率がよいのか判断しづらいときがあります。

 

CodeCampなら書いたコードを講師が確認して改善点をアドバイスしてくれるから安心。

 

もちろん、分からないところは丁寧に解説してもらえます。プログラミング初心者はもちろん、より実力を高めたい人にもおすすめのスクールと言えるでしょう。

 

コースは目的に応じて選ぶことができます。転職志向なら「CodeCampGATE」、一般企業の方がサイドスキルとして学びたいなら「WEBマスターコース」などがよいでしょう。

 

CodeCampはエンジニアとしてのスキルから考え方まで身につくこともあり、受講者数50,000名以上にも関わらず94.5%という非常に高いレッスン満足度を記録しています。

 
 

1対1(マンツーマン)で授業を受けられるCodeCampは、目的に向かって一歩踏み出したい、でも独学では難しそう……そんな方におすすめのスクールです。

 

CodeCampの卒業生は自走力や実践力を活かして、転職や副業・フリーランスなどの自由な働き方を実現しているとのことですので、無料カウンセリングで聞くのもおすすめ。

今すぐ無料体験する!

※満足度97.1%!オンライン完結型プログラミング教室

主流のプログラミング言語まとめ

プログラミング言語まとめ
ここでは、現在ビジネスの現場で使われている主流のプログラミング言語についてまとめました。

Python(パイソン)

Pythonは1991年にオランダ人のグイド・ヴァン・ロッサム氏によって開発された汎用性の高いプログラミング言語です。

 

文法が最大限に単純化されていて、わかりやすさを向上させ、読みやすく、書きやすいプログラミング言語として評価されています。

 

アプリケーションの開発、人工知能、データ解析など多くの用途に使用されている言語です。

Ruby(ルビー)

Rubyは、まつもとゆきひろ氏が1995年に発表したプログラミング言語です。

 

「ストレスなくプログラミングできる」オブジェクト指向のスクリプト言語として知られ、日本で開発された言語としては最初に国際電気標準会議(IEC)で国際規格に認証されました。

PHP(ピーエイチピー)

PHPはデンマーク系カナダ人のプログラマ、ラスマス・ラードフ氏が基礎をつくった汎用プログラミング言語で、その後オープンソースプログラムとして、世界中のエンジニアが成長させてきました。

 

動的なWebページを作成するのに向いているといわれ、インターネットホームページの作成に力を発揮しています。

Java(ジャバ)

Javaは1995年にサン・マイクロシステムズによって後悔されたプログラミング言語で、構文はC++によく似ています。

 

従来はWindows、MacOSなどのOSとの関連性が高かったプログラミング言語を、より多くのOSに移植しやすくしたのがJava。

 

PC、携帯電話、スマートフォンから、家電や自動車の組み込みシステムまで幅広く使われています。

JavaScript(ジャバスクリプト)

Javaと名前は似ていますが、まったく異なるプログラム言語ですので注意しましょう。

 

オープンソースのWeb開発環境を支援するために生まれた非営利団体Mozillaが仕様を策定しているスクリプト言語です。

 

Google Chrome、Microsoft Edge、Safaliなどのブラウザ上でプログラムが動くときに利用されています。

 

現在全世界の90%以上のサイトがJavaScriptを利用しているといわれます。

HTML(エイチティーエムエル)

WebサイトといえばHTMLと言われるほどに、ホームページづくりになくてはならないマークアップ言語(画面の見え方を指定する言語)です。

 

タグと呼ばれる指示記号によってさまざまな画面表示ができ、文字の色づけ、塗りつぶし、引用、リンクなどの指定ができます。

CSS(シーエスエス)

多くの場合HTMLやXMLなどと主に使われるWebデザインのためのスタイルシートです。

 

HTMLで表現できるデザイン表現に加え、さらに拡張的にWebページを表現できる機能が備わっています。HTMLとともに、Webデザイナーの必須知識といわれます。

プログラミングとは?子供にわかりやすく教える方法:まとめ

お父さん、お母さんには聞きなれない「プログラム」ですが、いったん理解してしまうと「なんだ、そんなことだったのか!」と思ってしまいますね。

 

コンピュータウイルスやインターネットでのトラブルなど、「何となく怖い」と思ってしまいがちなITの知識。

 

中身が分かると、意外と簡単なものなのです。

 

さまざまなものが機械化し、コンピュータを使いこなすスキルが求められる今の時代、プログラミングが必修化するのは無理もないのかもしれません。

 

わが子がどんな教育を受けるのか、未来の形はどうなるのか。今から期待が膨らみますね。

 

圧倒的スキルが身につくプログラミングスクール5選

  • DIVE INTO CODE
    年齢制限なし
    現場レベルの技術や開発が学べる
    オリジナルのWebアプリケーションが作れる
  • RUNTEQ
    高クオリティーで人気急上昇中!
    ・800~1,000時間の圧倒的な学習量
    ・現役エンジニアによるオリジナルポートフォリオ作成支援
    ・何でも相談できるバディ制度
  • DMM WEBCAMP
    ・転職成功率98%・離職率2.3%
    ・転職できなければ全額返金

    ・DMM.comグループならではの非公開求人も多数
  • ディラボ
    ・Javaに特化し「未経験が2ヶ月でJavaシルバー資格取得可能」
    ・1期10名しか入れない「ガチの開発エンジニア育成スクール」
    ・平日でも土日でも基本的に質問し放題!
    ・卒業後現場の最前線で活躍できるスキルが身につく
  • Aidemy Premium
    ・AIに特化したプログラミングスクール
    ・完全初心者から研究者クラスまでに対応した幅広く優良なコンテンツ
    ・メンターと学習進捗を一緒に計画し挫折しないシステム
    ・20代には特待生制度アリ!

おすすめ記事一覧

1

35歳のあなたは、   「今更転職してもいい仕事が無い」、「そもそも転職できないよな」、「もっと勉強していい職場に就職しとけば…」   って今の仕事に不満を抱きながら過ごしていませ ...

2

dive into code ってプログラミングスクールが気になってるあなた!   ここであなたが知りたがってるdive into code ことがわかると思います。   この記事 ...

3

IT業界未経験のあなたは、 「エンジニア・プログラマー」に転職してみたい! って思ったときどうしますか?まずネットで調べますよね! ただ、検索するとネット上には 「エンジニア スクール やめ とけ」 ...

4

「どうして、ヒューマンアカデミーのプログラミング講座を調べようと思ったんですか?」   ヒューマンアカデミーで以前に他の講座を受講したから? 先生にすすめられたから? 友人にすすめられたから ...

5

  本記事は、システム開発・運用の基盤を担うインフラエンジニアという職種について解説します。   「インフラエンジニアってどんなタイプが向いてるのか?」 「インフラエンジニアってど ...